慢性疲労には免疫力アップが一番です

「疲れているな」と感じたら、その原因をじっくり考え、除去することが必要です。慢性疲労症候群
日常的に疲労を感じるようであれば、「体が休養を求めている」と考えたいですね。
疲労が数カ月も続き、なかなか治らない場合には「慢性疲労症候群」の可能性があります。

慢性疲労症候群によく見られる症状


慢性疲労症候群は、風邪や気管支炎などの病気をきっかけに始まることが多いと言われています。
疲労感に加え、頭痛や筋肉痛、のどの腫れ、微熱、不眠といった症状が重なったりします。
また仕事中も集中力が持続せず、うっかりミスをしたり、約束を忘れたりするようです。

疲労度セルフチェック


疲労には、その原因が肉体的な疲れか精神的な疲れかをじっくり考えましょう。
疲労のメカニズムを知れば、その予防法や解消法を身につけることができます。
生活習慣の中から見たあなたの疲労度を、ぜひチェックしてみてください。



慢性疲労症候群の予防と改善


慢性疲労症候群には、「免疫力を高める」ことが一番の予防・改善法だといえます。
日ごろから免疫力を低下させないような生活を心がけることが大切です。

●適度な運動をする
適度な運動は、リフレッシュ効果もあり、免疫力を高めます。
散歩やウォーキング、最近話題のインターバル速歩など、気分転換を兼ねた運動をしましょう。

●食生活を見直す
食生活の偏りが、慢性疲労の一因となっていることがあります。
今まであまり食べていなかった食品を取り入れるのも慢性疲労の改善に効果的です。

●ストレスを蓄積しない
ゆっくり湯船に浸かってリラックスすることで、ストレス解消につながります。
自分なりのストレス解消法を見つけてストレスを発散できれば、疲労は軽減されるはずです。

 

関連情報


世界一受けたい授業で放送された「ミトコンドリアと水素水」について。
疲れが取れないと感じた時には、ミトコンドリアを増やす方法が効果的なようです。

 


スポンサーリンク