誰でも簡単に免疫力を高める方法サイトトップ > >> コロナウイルス予防には食後のヨーグルト
コロナやインフルエンザが広がる原因となる場所は“電車内”だと言われています。
密閉された電車内に、長時間ウイルス保菌者と乗ることになるからです。
同じウイルスに接しても、感染する人としない人がいますが、そのキーとなるのは“免疫力”です。
ヨーグルトは免疫力を高める食べ物として健康面から美容面まで幅広い効果が期待できます。
そんなヨーグルトを食べるタイミングは「いつでも良い」というわけではないのです。

免疫力アップには食後にヨーグルトを食べる

免疫力アップのためには、「生きた乳酸菌を腸まで届ける」ことが有効であると考えられます。
乳酸菌は胃酸に弱く、大半は胃で死んでしまうと言われています。
食後は胃酸が薄まっているので、乳酸菌をなるべく死滅させずに腸まで届ける事ができます。
腸に生きて届いた乳酸菌は免疫をつかさどる「NK細胞」を活性化させます。

スポンサーリンク

ヨーグルトが免疫力を高めるわけ

ヨーグルトには、ビフィズス菌やブルガリア菌など乳酸菌がたっぷり含まれています。
これらの善玉菌は腸内環境を整え、免疫力を高める上で、なくてはならない存在なのです。
ヨーグルトを食べる頻度ですが、善玉菌は排泄されるので毎日食べるのが良いでしょう。
食べる量については、個人の体質にもよりますが、1日に100g程度が推奨されています。

相乗効果のある食べ物とは

腸で乳酸菌の働きを助ける作用がある「オリゴ糖」です。
オリゴ糖は腸内でビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌の数を増やす働きがあります。
バナナやリンゴにはオリゴ糖が豊富に含まれています。
どちらもヨーグルトにとても良く合うフルーツですね。
ヨーグルトに入れて食べれば、オリゴ糖も食物繊維も摂取でき相乗効果が期待できます。
オリゴ糖で腸内のビフィズス菌が増えれば、さらに免疫力アップにつながります。

スポンサーリンク


jinkull at 12:54│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔