ストレスが膀胱炎の原因になるサイトトップ >免疫力を高める運動  >> 脳トレより筋トレで低体温改善


脳トレもよりも、まずは筋肉を鍛えて冷え性を改善しましょう。
筋トレ
筋肉を鍛えることを日常の運動として取り入れてはどうでしょうか。

低体温を改善するために体を温めるのに大切なことは食生活と筋肉を鍛えることです。

日ごろの運動によって全身の血行を促進して冷えた体を改善します。

筋肉は運動によってポンプのように血液の循環を促し酸素を送る役目をしています。

筋肉の70%は下半身にありますので、足腰を使うことで冷え性対策に効果的です。

下半身の筋肉の衰えによって、血液の循環が悪くなるだけでなく、筋肉内の毛細血管が減ることで、血液は上半身に集まることのなります。

肩こり、動悸、息切れ、不眠などの症状が起きる可能性があります。

下半身の筋肉を重点的に鍛え、全身の血流をよくすることが健康を維持するのにとても重要です。

健康維持のための筋トレは、自宅で合間の時間に出来る簡単なものです。

私は毎日の
スクワット運動冷え性を改善しています。


スポンサーリンク



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔