免疫力を高める日常生活の体験談サイトトップ >免疫力を高める方法  >> 睡眠は時間だけでなく質も大切です

朝日の風景理想的な睡眠時間は1日8時間ということを聞きますが、あくまで平均的な値であって睡眠には個人差があります。
最適な睡眠時間というものを一概に言うことはできません。

睡眠は時間だけではなく睡眠の質も大切で、眠りが浅いか深いかということが大事な要因となります。
短時間でも質の良い熟睡ができていれば、浅く長い睡眠に比べて睡眠が不足するということがないということです。
睡眠の質を高めれば睡眠時間を短縮させる短時間睡眠が可能です。

すべての人が8時間睡眠が最適というわけではなく、人によって10時間眠らないと寝不足な人もいるし、4時間でも快適な日常生活ができる人もいます。
科学者アインシュタインは、毎日10時間程度の睡眠をとる人であったのに対して、発明家トーマス・エジソン、フランス皇帝ナポレオンは、睡眠時間が3時間程度の短眠者だったそうです。

自分にとって快適な睡眠時間が確保されれば良いことであって、他人と比較する必要はありません。
自分に最適な睡眠時間は、昼間に強い眠気を感じないということを目安として下さい。

規則正しい睡眠が大切であって、睡眠時間がばらばらだったり、寝不足が続くと、体全体の規則正しいリズムが乱れて、ホルモンや、免疫力の調子もおかしくなり、自律神経失調症などが起こります。

スポンサーリンク



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔