免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める生活  >> 清潔志向が免疫力低下を招いています
スポンサード リンク


新型インフルエンザなど、近年さまざまな新しい病気が私たちの生活圏に迫っています。
家族の食事なぜ、やっかいな病気が次々生まれてくるのでしょうか。

東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎先生によると、この問題は私たち人間の側に大きな責任があるということです。


日本は、清潔な社会を目指し、寄生虫などを根絶させようと努めてきました。
清潔志向が達成されたかのように見える、日本の清潔社会では、新たな問題が発生しています。

寄生虫などを排除すること
のよって、私たちの腸内細菌は明らかに減少しました。
腸内細菌の減少により病気に打ち勝つ力、免疫力の低下を招いています。

現代において、アトピーなどのアレルギー疾患が爆発的に増加してしまったのも、日本の清潔社会の弊害であると言ってよい
でしょう。
日常生活で免疫力を高めるポイントはいくつかあります。

穀類や豆類、有色野菜、果物などを毎日、積極的にとるようにしましょう。
こうした食生活での配慮は、腸内環境を整え、免疫力を高めるために、ぜひとも必要なものです。

また、良質の水を毎日、たくさん飲むこともいいでしょう。
更に、毎日軽い運動をすることや、よく笑うことも、免疫力を高めるのに役立ちます。

こうした工夫を積み重ねて免疫力を高め、新型インフルエンザにかかりにくい体作りを目指しましょう。

◆参考記事(トラックバック先)
「清潔信仰」が自己免疫疾患を呼ぶ

スポンサード リンク
腸内細菌

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔