免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める方法  >> 笑いが心と体を活性化させ免疫力アップ

コーヒー笑うと身体の免疫力がアップします。
ストレスを受け続けていると、人間は交感神経が優位になり、心拍数、血圧が上がり、心と体は緊張状態が続いてしまいます。
心と体の緊張状態は、多くの外敵から我々を守ってくれるはずのNK細胞(ナチュラルキラー細胞)をはじめとする免疫系の戦いに臨む力を下げ、無防備な状態にすることが、さまざまな実験から証明されています。

交感神経優位の状態から、副交感神経優位の状態に切り変える必要があります。

副交感神経優位の状態にする身近な方法は、笑いの効能だと思います。

ある番組で放映された実験では、被験者に漫才を見せて笑いの体験をさせた結果、ほぼ全員が笑いの体験後に免疫力関係の数値が上がっていたようです。

笑うと、生命活動を維持するために必要な神経として、内蔵器官の働きを意識とは無関係にコントロールしている自律神経(交感神経と副交感神経があります)に変化をもたらし、身体中の様々な器官に刺激が与えられます。

笑いによる脳への刺激が、神経ペプチドという免疫機能活性化ホルモンの分泌を促し、このホルモンの影響でNK細胞はたちまち活性化され、さらに強力な戦士としてガン細胞なども攻撃します。

ストレスを受け続けている人こそ、笑って免疫力を強化する必要があるでしょう。

無理にでもニコニコ顔をしてみるだけでも、ガン細胞にも有効なNK細胞の活性化に役立つと思われます。

作り笑顔の場合でも実際に笑うのと同様のストレス解消効果があるともいわれています。

笑いでNK細胞の働きが活発になるので、心と体のためにも笑うことです。
笑いヨガが今話題になっています!
 

★関連する記事「笑い」ががん細胞を破壊!をご紹介します。

スポンサード リンク


免疫力

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔