免疫力を高める日常生活の体験談サイトトップ >免疫力を高める食材  >> 免疫力を高めるキムチの健康効果

キムチの効果キムチには体内に侵入した病原菌を体外に排出する乳酸菌や抗酸化力の強い色素成分が豊富に含まれて
キムチには免疫力を高める効果があります。

キムチはたくさんの野菜と食材を取り入れ醗酵しています。

キムチには唐辛子に含まれるカプサイシンや、ショウガに含まれるジンゲロールなど、体を温めてくれる薬味がたくさん入ってます。
それに加えて乳酸菌もたっぷり含まれています。乳酸菌は体力を向上させ、免疫機能を高めて、風邪予防や インフルエンザ予防にも役立ちます。 

乳酸菌、辛味、旨み、香り成分の相乗効果で、体調不良、不快症状を強力に予防改善します。
キムチには、だるさや、疲労感を改善させるアミノ酸やビタミンB群が豊富です。

腸は体内の免疫をコントロールする場所でもあるので、腸を強くするにはインターフェロンを増やすこと。
そこで、小腸の粘膜から抗体を出して病原菌や、ウイルスや毒素を攻撃する小腸を強くしたいですね。

スポンサーリンク



理学博士 鄭(チョン)先生おすすめは、「キムチ、タマネギサラダ」。
キムチの乳酸菌を体内で効果的に働かせ、免疫力を高めるために、タマネギを一緒に摂ると効果的です。

1日の摂取目安量は、キムチ60gに対してタマネギ1/4個です。
キムチ、タマネギサラダのレシピは、タマネギを繊維に逆らって輪切りにすることがポイントです。
タマネギを横に切った方がタマネギの成分が出やすいんですね。

これによりタマネギのケルセチンという物質が増え、キムチに含まれる唐辛子の色素のビタミンA(カロテノイド)と組み合わさり、免疫力を高める抗酸化作用の相乗効果が得られます。

免疫力を高める効果を得るためには、キムチとタマネギの組み合わせは加熱せずにレモンをかけてサラダなどにして食べることがポイントです。
加熱せず生で食べた方が、インターフェロンがアップします。

キムチの健康効果が最も高くなるのは、賞味期限の1~2週間前で、乳酸菌、アミノ酸、ビタミンの量がこの時期に一番多くなります。

生活習慣病予防改善は、毎日の食材から。
バランスのとれた食事と適度の運動、ストレスを溜めないように。

スポンサーリンク


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔