免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める運動  >> 骨盤スクワットでダイエット効果と生活習慣病予防


骨盤スクワットは開いてしまった骨盤を再度閉めることで、痩せ体質にしてダイエットする方法です。
コワいほどやせる!骨盤スクワット
(マキノ出版 /小倉 誠監修)が紹介したことで一躍、流行するようになった方法でもあります。

ダイエット成功のカギは、開いた骨盤を閉めることで、体が引き締まり、やせ体質に一変する! 1日1回、わずか3分でできるダイエット法「骨盤スクワット」を紹介しています。

骨盤が開いた状態では骨盤上に脂肪が付着しやすく、太りやすくなります。
反対に骨盤が閉じた状態であれば太りにくく痩せやすい体質になります。
たくさん食べる人は内臓が垂れ下がってしまうため開きやすくなるそうです。
女性の場合は出産することで骨盤が大きく開いてしまいます。

自分の骨盤がどのくらい開いているのか簡単にチェックするには、仰向けに寝て両足を伸ばした状態で踵(かかと)をつけて、左右のつま先が外側に45度以上に開いたり、片側だけ大きく開いてしまう場合は骨盤が開いている可能性が大きいそうです。

骨盤スクワットの効果は個人差もありますが、1ヶ月間で数キロ減少してくるそうです。
特に骨盤周辺に脂肪が付着しにくく筋肉がつくので、下半身痩せに効果があるようです。

腹筋・背筋が鍛えられることで姿勢が良くなって腰痛や猫背の改善も期待できるとか言われています。
内臓下垂が改善されるため内臓の働きが良くなって、お通じがよくなったり、生理痛の改善にもつながります。
血液の流れが良くなるため、むくみや冷えも解消されます。

体重が減ることで血糖値、肝機能値、コレステロール値などが改善されるので、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。
骨盤スクワットと運動を取り入れれば基礎代謝も高まって、ダイエット効果も大きくなります。

スポンサード リンク

骨盤スクワット スクワット



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔