ストレスが膀胱炎の原因になるサイトトップ >免疫力を高める食材  >> コラーゲンの効果でライバルに差をつける美肌対策

よく噛むコラーゲンとは体の皮膚や筋肉、内臓、目、髪、骨、関節など、あらゆる組織に存在して細胞のつなぎとなっています。
人間の体は約20%がタンパク質で、その3分の1はコラーゲンで構成されています。

コラーゲンの量は10代後半をピークにして年齢とともに減少していきます。
コラーゲンが不足するとどうなるかというと、しわ、たるみ、関節の痛みや変形、骨の衰えなどの症状が出てきます。

コラーゲンが不足すると血管にも影響がでてきます。
体全身に張り巡らされた血管は、体に必要な物質を補給したり、不要になったものを運んだり、生きていくために欠かせないものです。
この血管が丈夫で健康でなければ、私たちの体に異常が起こります。
血管は細かい傷を絶えず生じているもので、コラーゲンが不足するとこの傷口の修復がうまくいきません。

血管が傷ついたままだと、そこから血液中のコレステロールなどが侵入しやすくなり、コレステロールが積み重なると血管を圧迫し、そこにカルシウムなどが一緒になって固まると血管はもろく壊れやすくなります。
心筋梗塞、脳出血や脳梗塞など、人間の生命に関わる疾患を引き起こすことになりかねません。

こうならないためにも、コラーゲンの新陳代謝を活発にすることが必要です。

コラーゲンは人間の体になくてはならないものです!

コラーゲン料理焼肉コラーゲンを食品として摂取するには、肉類では骨付きのスペアリブや鶏の手羽先にコラーゲンが多く含まれています。
骨付き、皮付きの肉や魚をじっくりと煮込んだコラーゲン料理を積極的に食べましょう。

スポンサーリンク




コラーゲンは、1日に多く摂取するよりも、継続して毎日食べる方が良いとされています。
さらに、コラーゲンとヒアルロン酸を一緒に摂ることで、よりお肌に良い影響を与えるといわれています。

最近ではコンビニエンスストアなどで、「コラーゲンドリンク」などの飲むコラーゲンを手に入れることができるようになりました。
コラーゲンドリンクはノンシュガー、ノンカロリーで甘さをひかえたものや、ピーチ味などもあってすっきりと飲みやすいコラーゲンドリンクです。

コラーゲンドリンクはビタミンなども含まれていてコラーゲン、ビタミン、クエン酸といったお肌に良い成分が入っている飲みやすい商品として人気を集めているようです。



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔