免疫力を高める日常生活の体験談サイトトップ >免疫力を高める食材  >> 発酵食品の力で腸内環境を整え免疫力アップ
免疫力を鍛えるには何を置いても腸内環境を整える必要があります。
発酵食品は、腸内の善玉菌を増やして腸内細菌のバランスを整えてくれる立て役者です。

発酵食品キムチ腸内には100種類以上、約100兆個の腸内細菌がすんでいます。
腸内細菌には、お腹の調子を整え感染や腐敗を抑える善玉菌と、腐敗物質をつくる悪玉菌があります。

この善玉菌をいかに増やすかが、免疫力を鍛えるポイントです。
発酵食品は、食材を発酵することにより栄養価が高くなるだけでなく、消化吸収をしやすく変化させる働きを持っています。

発酵食品を含む日本の伝統食は、健康を維持するための食事として海外でも注目され始めています。
いずれにしても、発酵食品を食べると体が喜ぶことは間違いありません。
良く効く発酵食品の摂り方は発酵食品を少しずつでも、毎日、数種類を組み合わせて食べましょう。

むずかしくありません、皆さん日頃から発酵食品を召し上がっています。
朝食の味噌汁例えば、朝食に、鰹だしのお味噌汁、納豆、漬け物、かす漬けの魚を焼いた物。
朝食だけでも、タップリと発酵食品が摂れますね。


もちろんワイン、日本酒、ビール、ヨーグルトなどの乳酸菌も発酵食品です。
気軽に色々な種類の発酵食品をいただきましょう。

ただ、何ごともそうですが、発酵食品が体に良いからといって発酵食品の種類によっては過大に摂りすぎるのは注意が必要です。
塩辛や漬け物などのように塩分量の高いものも数多くあるからです。

スポンサーリンク



百薬の長といわれるお酒も、飲みすぎれば肝臓に負担をかけます。
どんなに体に良くても、特定のものだけをたくさん食べるのは逆効果になるのは当然のことですから。

大切なことは、毎日の食事メニューにできるだけ多くの発酵食品をとり入れ、和食中心の食習慣を心がけることではないでしょうか。

私は納豆を食べられませんが、味噌汁は毎日摂取しています。
味噌汁の煮だし汁は昆布と鰹節で取ります。
もちろん鰹節は立派な発酵食品です。

スポンサーリンク


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔