免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める食事  >> 免疫力を高める海藻類や野菜中心の食事

海苔近年、がん患者に海藻類や野菜を中心とした食生活が推奨されています。
大腸癌など「腸」に関する癌の予防、再発防止のためにも、海藻類や豆類など、多くの食品からバランスよくとりましょう。
海藻や野菜に含まれるビタミンや食物繊維が、腸内細菌に良い影響を与え、体の免疫力を高めることが様々な研究から明らかになってきました。

植物性の食品を中心にした食事は、腸内環境を整え腸内細菌に良い影響を与えることがわかっています。
食物繊維が豊富な野菜や果物は、腸内の有害物質を便と一緒に体外に排泄してくれます。

有害物質が出されて腸内環境が良くなると、乳酸菌やビフィズス菌といった有益な腸内細菌が棲みやすくなります。
食物繊維には腸内細菌の増殖を促す効果があります。
善玉菌であるビフィズス菌が増殖され活性化すると、ビフィズス菌が作り出す乳酸によって腸の動きがスムーズになります。

ワカメ、こんぶ、海苔といった海藻類を食事に取り入れことも重要です。
海藻はミネラルやビタミン類が豊富なうえに、食物繊維もたっぷりなので腸内環境を整える重要な働きをしてくれます。
ゴボウやキクラゲといった野菜類も豊富に食物繊維が含まれていることで知られています。

海藻類や野菜が良いと分かっていても、完全な菜食主義はあまりお勧めできません。
魚や肉に含まれている鉄分やタンパク質は野菜よりも手っ取り早く体に取り入れることができます。
特に動物性タンパク質のアミノ酸は免疫機能を高める効果があるとされています。

コレステロールも悪く言われがちですが血管を守る働きがあります。
海藻類や野菜をたくさん食べるように心がけ、数日に1回は動物性タンパク質を取り入れた食事にすると、腸内環境をバランスよく整えることが出来るでしょう。

普段から、食物繊維を意識して食卓に取り入れるようにし、腸内細菌に元気に棲んでもらいましょう。

【関連記事】

腸内環境を整える日本初の植物性乳酸菌配合の青汁


スポンサーリンク



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔