免疫力を高める方法を知って病気を予防サイトトップ >免疫力を高める方法  >> 正しい睡眠姿勢で免疫力を高める

赤ちゃん睡眠は「副交感神経」を優位にしてリラックス効果がもたらされますが、リラックス効果をより高めるために、私の経験では仰向けになって枕を低くして寝るのがベストです。


仰向けに寝ることで鼻呼吸がスムーズになり、内臓が圧迫されず免疫力がアップします。
しかも、仰向け寝は肩の関節などが圧迫されないので、肩こりや五十肩の予防にもなります。

顔の変形を防ぎ歯並びを美しく保つためには、仰向けに寝ることが大事だと思います。
口を閉じ鼻呼吸をして、体を真っ直ぐにして仰向けに寝ることで顔や体の歪みは自然に取れていきます。
口呼吸は、交感神経を緊張させ睡眠を妨げることになります。

食後の睡眠枕を低くして寝ると脳の血液低下が起きないため、翌朝の頭や首の痛みが起きにくくなります。
高い枕だと寝てもリラックス効果が阻害される原因になりそうです。

枕が合わないため体に無理がかかり、肩こりや頭痛、不眠といった症状を起こさせ、いろいろな病気の引き金になっていることが多いのです。つまり寝姿勢も私たちの健康を考える上でとても重要なものです。
寝姿勢によって朝起きた時の体の軽さが確実に違ってきます。
しかし、枕が合わないせいで体に無理がかかり、肩こりや頭痛、不眠といった症状を引き起こして、それがさまざまな病気の引き金になっていることが多いのです。


スポンサーリンク



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔