ストレスが膀胱炎の原因になるサイトトップ >免疫力を高める運動  >> スクワットで体力維持を続けています
私が実践しているスクワットは、最もノーマルでトレーニング器具も使用しないハーフ・エア・スクワットです。


1)直立して肩幅程度に足を開き、両手は体側に軽くつけます。

2)息を吸いながら、そのまま膝を曲げて腰を落とします。上体を出来る限りまっすぐに伸ばし、背骨のアーチを意識して保ちます。
猫背になると腰などの故障の原因になります。

3).腿と床が平行になるところまで腰を落とし、そのまま1秒キープしたのち、息を吐きながら膝と背筋を伸ばし、腰を上げる。

1)から3)を繰り返えします。

一回の動作にかかる時間はゆっくりと、、急激な動作は膝の靭帯などに損傷を与える可能性があり好ましくありません。
また、足首の固い人は踵が地面から浮き上がってしまい、アキレス腱などに過剰な負荷がかかってしまいます。

スポンサーリンク

★スクワットの効果

スクワットは、ふともも、ふくらはぎ、お尻などの引き締めと、筋力アップに効果が期待できます。
スクワットで引き締めを目指す場合は10回づつ2回に分けて行ないます。
又、スクワットで筋力アップを目指す場合は20回と無理なく行えるようになったら50回を連続で行えるようにしましょう。
スクワットは実践しやすく手軽にできるトレーニングで、健康維持のためにもおすすめです♪

関連記事として「
骨盤スクワットでダイエット効果と生活習慣病予防」をご紹介します。

スポンサーリンク


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔