免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める漢方  >> 免疫力アップと漢方薬の関係について
漢方薬東洋医学で言う漢方と聞くと、中国の古い医学、即効性が無い、効いているのかわからない、といったイメージありますよね。
毎日を健康に過ごせればよいのですが、体調が優れないときもあるでしょう。


日々の生活の中で、どこが悪いわけじゃないけど疲れが抜けないな、体がだるいな、と感じるときがありますよね。
そんなときは、東洋医学の漢方の力で免疫力をサポートしてみてはいかがでしょうか。

一言で「疲れが取れない」と言っても、 考えられる原因や症状は千差万別です。

基本的に漢方薬はオーダーメイドです。
漢方薬は、医師がその人の体の状態に合わせて処方を決めるオーダーメイドの治療です。
漢方薬は、きちんと専門知識のある方に相談し、自分に合った漢方薬を選ぶようにしましょう。

免疫力を高めることを前提にしている漢方は、なんとなく調子が悪いなと感じる状態、漢方の考え方で言う病気の一歩手前、未病(みびょう)のとき、 免疫力を高め、早い段階で病気を防ごうとします。

そもそも漢方とは、免疫力を高めることで本来ある自然治癒力を高め、それにより病気を治していこうという考え方があります。

一方西洋医学は、症状に直接働きかけることで病気を治していこうとするものです。
これは今一般的に行われている西洋医学と東洋医学との違とも言えます。

どちらが良い悪いといったことではなく、西洋医学と東洋医学は根本的な考え方が異なるものです。

【関連記事】免疫力を高める生活習慣と食事の大切さ

スポンサーリンク



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔