免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> 免疫力を高めるビタミンやミネラルを含む食べ物


免疫力とは、動物が自分の体を守るために持っている「自分自身を守る力」です。
免疫力で、体内に入った病原菌や、体内で増殖していく異物を撃退し、健康を維持しています。

免疫力が低下するとあらゆる病気の発症の要因となるので、健康のため日頃から免疫力を高める食生活を心がけましょう。
健康なからだを作るポイントは、何といっても食事の摂り方です。

食生活と免疫力は切っても切れない関係にあります。
食生活の乱れが病気を引き起こしてしまうように、十分な栄養をバランスよく摂らないと、免疫機能(免疫システム)にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

1日3食をできるだけ決まった時間に摂るようにすると、からだのリズムが整います。

野菜免疫力を高めるには三大栄養素を基本にビタミン類やミネラル類、食物繊維、抗酸化力の高い食品などを組み合わせて食べるようにしましょう。

ビタミンやミネラルを含む食べ物は免疫細胞を刺激して、免疫力を高めてくれます。


ビタミンA(βカロチン)を含むカボチャやホウレンソウ、ニンジンはリンパ細胞の働きを高めてくれます。
ビタミンB6を含むイワシやマグロ、レバーといった食べ物は免疫グロブリンと呼ばれる抗体の元です。
ビタミンCを含むブロッコリーやピーマンはマクロファージを活性化させます。
ビタミンEを含むアボガドやモロヘイヤは、B細胞の増殖を促進します。
亜鉛を含む牡蠣やホタテ、うなぎ、豆類、海藻などの食べ物はT細胞の働きを強化します。
セレンを含むゴマや貝は抗体産出を高めてくれます。

また、抗酸化作用のある、柑橘類や緑黄色野菜なども免疫力を高める食べ物です。

健康維持のため日頃から免疫力を高める食生活を心がけましょう。

【関連記事】免疫ミルクは母乳の力から開発された健康食品


スポンサード リンク
免疫力を高める食べ物

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔