免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める方法  >> プロバイオティクスで腸内環境を整え免疫力アップ

プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを整え、免疫機能を強化して私たちの健康に貢献してくれる乳酸菌などの微生物です。プロバイオティクス
腸管は身体を感染症などから守る最大の免疫器官であり、その働きには腸内細菌が大きく関わっていることが明らかになってきました。

善玉菌と悪玉菌どちらも同じ腸内細菌で、その数は約400種類、約100兆個あるといわれています。
主に善玉菌と呼ばれているのが、ビフィズス菌や乳酸菌などの腸内細菌です。
悪玉菌の中で代表的なものは、ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌などがあげられます。

特に肉ばかり食べていると、善玉菌には良い環境ではありません。
しかし、誤解していただきたくないのは、悪玉菌も人間にとって必要な細菌であるということです。

悪玉菌は野菜を消化する酵素の代わりに、食物繊維を分解する役割を持ち、その結果ビタミンを作るものもあるので全てが悪者とはいえません。
しかし、悪玉菌の数が増えれば体に害を及ぼしますが、なくてはならない存在なのです。
善玉菌も悪玉菌も、どちらも生きる上で欠かせない細菌なのです。

私たちが健康を維持していくためには、腸の中に元気な善玉菌がたくさん生息している環境を作ることが大切なのです。

良い腸内環境作りには、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌などのエサになるような、プロバイオティクスと呼ばれる食材を摂取するように心がけましょう。

発酵食品日本人が昔から取ってきた発酵食品の納豆や漬け物、そしてキムチなどに含まれる「植物性乳酸菌」や、ヨーグルトやチーズなどに含まれる「動物性乳酸菌」は手軽に摂取できるのでおすすめです。
オリゴ糖はビフィズス菌と相性が良く、母乳の中にもオリゴ糖が含まれています。

そして穀類、豆類、野菜類などをたくさん食べて、食物繊維を多くとるようにしましょう。
しかし気をつけなければいけないのが、善玉菌を増やすために偏った食事をせずに、いろいろな食材を毎日少しずつ、バランス良く摂取するのが理想的です。

腸内環境が正常化すると、腸管免疫の機能が向上し免疫力が上がり抵抗力の強い身体が作られます。
乳酸菌やビフィズス菌は、腸内の善玉菌を増やし整腸効果があることは、これまでもよく知られています。
さらに最近では、コレステロール値低下作用や抗腫瘍効果、免疫活性、アトピー抑制、ピロリ菌抑制など、さまざまな働きが科学的に確認されています。
 

▼乳酸菌に関連する記事▼

プロバイオティクスは効果的な便秘解消法
プロバイオティクスは、腸内の善玉菌の代表格である乳酸菌やビフィズス菌やラクトバチルス菌などを増やし、腸内細菌のバランスを整え、病気になりにくい体を作ることを指す言葉だそうです。
最近では、この乳細菌を摂取することをプロバイオティクスと呼び、乳酸菌等善玉菌を増やすことをプレバイオティクスと呼んで腸内環境の改善をして便秘や病気を予防する方法として注目されています。
 

スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔