免疫を高めると健康になるサイトトップ >免疫力を高める方法  >> R1乳酸菌を使用したヨーグルトで免疫力アップ


ヨーグルトが免疫力をアップすることはよく知られています。
r-1ヨーグルト
「実際にR1ヨーグルトを飲んだ児童の調査・研究をやってみた」という報道がありました。


順天堂大学医学部特任教授(免疫学)の奥村 康氏と、有田共立病院(佐賀県有田町)院長の井上 文夫氏は、共同で健康維持における免疫力とナチュラルキラー細胞(NK細胞)の重要性とその研究結果に関するメディア向け説明会を都内で開催されました。

★この説明会での内容を要約してみます★

私たち人間の体内では1日1兆個の細胞が生み出され、そのうち悪性の細胞は健康体でも毎日5000個くらいが生み出されています。

しかし、NK細胞は日々生まれるこの悪性の細胞を撃退し、またインフルエンザや風邪菌といった外部から侵入したウィルスに感染した細胞も撃退する役割をもつため、NK細胞によって私たち人間の身体は、病気にならずに健康を維持できるのです。

佐賀県有田町の保育園、幼稚園、小中学校に通う児童・生徒で、R1乳酸菌を使用したR1ヨーグルト ドリンクを飲み続けた子どもたちがインフルエンザにかからなかった確率は、R1ヨーグルトを飲まなかった子どもたちに比べると10分の1以下だったそうです。

また、調査で行ったアンケートでは、R1乳酸菌を使用したR1ヨーグルトを飲んだ児童の保護者から「風邪にかかりにくくなった」「風邪を引いても症状が軽くて済んだ」「便通が良くなり健康になった」「乾燥肌が軽減した」など、わが子の体調の良い変化を喜ぶ声が多く寄せられたといいます。

1073R-1菌これらの効果は、R1乳酸菌ヨーグルトがNK細胞を活性化したことが原因と考えられます。
風邪を引きやすい人、不規則な睡眠時間などにより生活リズムを崩しやすい人、精神的・肉体的に日々大きなストレスを抱える人、そして高齢者などは、NK細胞の活性が低い傾向にあります。

NK細胞の活性が低い身体は、体内に生まれた悪性の細胞を攻撃する力が弱くなり、結果的に風邪や病気になりやすくなったり、長期的に見た場合の発ガン率に影響を与えるといわれます。

免疫力アップのためにもR1乳酸菌、R1ヨーグルト摂取を開始するのも良いのではないでしょうか!

▼R1ヨーグルトに関連する記事▼

プロバイオティクスは効果的な便秘解消法
プロバイオティクスは、腸内の善玉菌の代表格である乳酸菌やビフィズス菌やラクトバチルス菌などを増やし、腸内細菌のバランスを整え、病気になりにくい体を作ることを指す言葉です。
最近では、この乳細菌を摂取することをプロバイオティクスと呼び、乳酸菌等善玉菌を増やすことをプレバイオティクスと呼んで腸内環境の改善をして便秘や病気を予防する方法として注目されています。


スポンサード リンク

R1乳酸菌 NK細胞 NK活性

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by アテネ   2011年08月28日 19:28
愛知県では売ってませんが・・
2. Posted by プラス思考   2011年08月29日 23:50
> 愛知県では売ってませんが・・
私は近くのスーパーで買いましたが、愛知県の土地勘がないので、ネットショッピングで検索して頂ければと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔