ストレスが膀胱炎の原因になるサイトトップ >免疫力を高める方法  >> 体温が低いとガン細胞が元気になる

私たちの体は約60兆の細胞からできています。
その細胞の一つひとつに「ガン遺伝子」が備わっているという説があります。

実際、私たちの体においては、どんなに健康であろうとも、毎日3000~4000個ほどのガン細胞が存在しているだろうと推測されています。
にもかかわらず日々、日常生活に不都合のない健康がそのまま維持されるのは・・・・・
常に発生しているガン細胞が、自然治癒力(免疫力)によって排除され続けているからです。

このガン遺伝子は、普段は眠っていて、細胞の正常な働きを邪魔することはありません。
ところが、何かの拍子で、ガン遺伝子が目覚め、正常な細胞がガン細胞へと変化していくのが、いわゆるガンです。

ガンは、多くのきっかけや遺伝子の異常が積み重なった時に発症します。
ガン細胞が腫瘍にまで増殖するのは、様々な要因、中でもストレスが私たちの体に変調を来たし、免疫力低下という免疫異常によって引き起こされます。

これまでの医療現場は、私たちの生命活動を根底のところで支えている免疫機能を軽視し、各種疾患として現れる症状にのみに注目した対処療法のみにあくせくしてきた側面があります。

ガン治療の三大療法である手術療法・化学療法(抗ガン剤)・放射線療法が対処療法ですが、実は、むしろ大事な免疫力を損なう影響のある対処療法なのです。
現在の医学では、残念ながらガンに関する確かな原因はわかっていません。

スポンサーリンク



ガン遺伝子説、ガンウィルス説などたくさんあり、毎月何百というガンに関する論文が発表されています。
ガンはたしかに恐ろしい病気ですが、現在ではガンは、早期発見で高い確率で治る病気です。

私たちの周囲には、ガンに関するさまざまな情報があふれています。
ガンにつながる気になる症状、ガンと食事に関すること、ガンと遺伝との関係、民間医療など。
しかし、なかには根拠のないものも少なくないようです。

ガンに関するさまざまな情報に惑わされ、 必要以上に心配して、憂鬱になり、すべてに消極的になり、本来は、かからなくてもいい病気までも呼び込んでしまうことのないようにしましょう。

【関連記事】
笑いが心と体を活性化させ免疫力アップ
笑うと身体の免疫力がアップします。ストレスを受け続けていると、人間は交感神経が優位になり、心拍数、血圧が上がり、心と体は緊張状態が続いてしまいます。心と体の緊張状態は、多くの外敵から我々を守ってくれるはずのNK細胞(ナチュラルキラー細胞)をはじめとする免疫系の戦いに臨む力を下げ、無防備な状態にすることが、さまざまな実験から証明されています。


スポンサーリンク


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔