免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める生活  >> コーヒーを飲む人は、肝臓ガンになりにくい

眠気覚ましや、リラックスを期待して飲むことの多いコーヒーですが、糖尿病やガン、高血圧、脳卒中、心臓病など、生活習慣病の予防に役立ちそうなことや、さらに肥満解消にもコーヒーが役立つということが最近の研究で成果が発表されています。
生活習慣病とは、食生活、運動、嗜好など、生活習慣が発症や進行に大きく関係している病気のことです。

 

■ コーヒーが肝臓ガンのリスクを低下させる
厚生労働省が、40~69歳までの男女約9万人を対象とした10年間の調査によると、コーヒーをほとんど飲まない人の肝臓ガン発病率を「1」とすると、毎日1~2杯飲む人は「0.52」と約半分、5杯以上飲む人は「0.24」と約4分の1に肝臓ガン発病率が下がることが分かりました。

この結果を元に、コーヒーには肝臓ガンを抑制する効果があると厚生労働省より発表されました。
とは言うものの、現在のところコーヒーの何の成分が肝臓ガンに効くか、ということははっきりしていません。
ただ、動物実験によればコーヒーに含まれる抗酸化物質のクロロゲンという成分が肝臓ガンを抑制するという説が出ています。

■ コーヒーが肝機能を高める
また、コーヒーは肝臓で飲酒によって上昇するγ-GTP値(ガンマGTP)の増加も、ゆるやかにするというデータが出ています。
コーヒーの飲用と肝機能の関係について、日本人を対象に疫学調査が行なわれました。

40才代から60才代の約1万3000人のγ-GTP数値と飲酒とコーヒー摂取量の関連を分析しました。
その結果、毎日飲酒している人で、コーヒーを1日に、3~4杯飲んでいる人は、飲まない人に比べて、肝機能検査でγ-GTPが平均で10ポイントも低いことが明らかになりました。

注目されるのは、コーヒーの飲用量が多いほど肝機能検査でγ-GTP数値は低くなるという結果が出たことです。
飲酒量が多い男性ほどγ-GTP数値を下げる効果が最もはっきり現れていました。

とはいえ、現在のところγ-GTP数値を下げる効果がコーヒーの何の成分によってもたらされるのかは分かっていません。
しかし、コーヒーと同じように多くのカフェインを含んでいる緑茶では効果が見られなかったことから、カフェイン以外の成分が肝臓の負担を緩和しているのではないかと思われます。

コーヒーの香りにはリラックス効果があると言われ、深煎りコーヒーのほうが多くのα波(アルファ波)が出現したということです。
 

【コーヒー関連オススメ記事】

「極上のコーヒーを飲みたい。」となればここのコーヒーをオススメします。
すでに日経新聞、女性ファッション雑誌といった数多くのマスコミにも掲載されている話題のコーヒーです。
こちらのコーヒーをご紹介する理由は、単に知名度が高いという理由だけではありません。
それは多くのコーヒー通の人たちから「極上のコーヒー」と言われ、リピートをされているという、この土居珈琲さんの美味しさの秘密をお伝えしたかったからです。
あなたが美味しいコーヒーを飲みたいと考えていれば、土居珈琲さんの味わいをぜひ一度お試しください。

 

スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔