免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> 栗ご飯を食べて胃腸の働きをよくしよう
栗秋の味覚といえば栗(くり)・・・イガに包まれた栗が落ちているのを見ると秋を感じますね。
栗は健康によい食べ物で知られていますが、栗の効果については中国では古来より重要視されてきました。

中国では昔から、朝晩に生のままの栗の実を食べて、腎臓の働きをよくする習慣がありました。
生のままの栗は老年性の頻尿や腎疾患、腎機能の低下による足腰の弱化に効くとされています。

ただし、生の栗は消化が悪いので、多くても1~2個をよく噛んで食べるようにしてください。
また、栗の実を食用にするのはもちろんのこと、中国では皮や葉、木の幹の皮も漢方の生薬として用いられています。

栗の葉には消炎作用があり、皮膚炎を抑える生薬としても利用されるなど、栗は捨てるところがなく重宝されてきたのです。
 

★栗には以下のような様々な効能が期待できます★

  1. 胃腸の働きをよくする
  2. 血液の循環をよくする
  3. カラダを温める
  4. 肌の調子をよくする
  5. エネルギーと血を補う
  6. 免疫力を高める

栗の実には食物繊維が豊富に含まれていて、血糖値の上昇を抑え糖尿病を予防する効果もあります。
脂質が少ないことも特徴で、脂肪・カロリーを気にすることなく、バランスよく含まれたビタミン、ミネラル補給ができます。
ビタミンCも多く免疫力アップに効果的です。

栗は胃腸の弱い方、冷え性のある方、血行不良の方にオススメです。
ただし、栗は一度にたくさん食べ過ぎると消化不良を起こしやすいので、毎日少しずつ摂ると良いでしょう。
日本の栗なら6個ほどで、成人の一日のビタミン類の所要量を満たすことができます。
子どもの下痢にはお粥に混ぜ、栗をつぶして食べさせるといいですよ。

栗を使ったレシピといえば「栗ご飯」ですね♪

先日、地元のスーパーでおいしそうな栗を見つけましたので、さっそく栗ご飯に挑戦しました。
栗ご飯のレシピはとっても簡単でした。
 

使った材料 4人分
 

・むき栗・・・・・30個程度
・米・・・・・・・4合
・餅米・・・・・・1/2合
・塩・・・・・・・小さじ1杯
・日本酒・・・・・大さじ2杯
・醤油・・・・・・大さじ1杯


作り方

1. お米をといでザルで水切りして、できれば1時間ほど吸水させておく
2. 内釜に入れる
3. 日本酒と醤油を入れてから、普通に水加減して、塩を入れて軽くまぜ、栗を入れて普通に炊く
4. ご飯が炊けたら、なるべく栗を割らないように、さっくり混ぜて出来上がり

今回は、むき栗を買いましたが、次回は栗の皮むき器を使ってチャレンジしたいと思います。





スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔