免疫力を高める日常生活の体験談サイトトップ >免疫力を高める方法  >> プラス思考で免疫力アップ期待

プラス思考が免疫力を高めたり、体に良い効果をもたらす研究が進んでいます。
医学的にも証明が進んでいますが、心で感じたり考えたことが身体に影響している事は、誰もが日常生活の中で体験しているのではないでしょうか。

笑顔人は嬉しい、楽しい時は身も軽くなり元気が出て活動的になります。
多少の身体の疲れも吹き飛ばしてしまいますよね。
意欲的な心は、眼を輝かせ頭の回転も良くなっているようです。


いつもプラス思考をしていると、身体にいい物質が発生して若さを保ち、病気になりにくいと言われています。

脳からβエンドルフィンという身体に良いホルモンが分泌されるからです。

反対にマイナス思考だと、病気を引き起こしたり老化を早める物質(ノルアドレナリン)が発生して、毒の作用をもたらすと考えられています。


プラス思考という言葉には、前向きに生きる、意欲や理想を持ち続ける、喜ぶんで感動することが大切だとう意味が込められています。 

こころの持ち方があなたの人生を大きく変えることは間違いありません。


免疫力は、「心のありかた」で強くも弱くもなります。
マイナスの感情は免疫力を下げますし、プラスの感情は免疫力を上げてくれます。
マイナスの感情があるときには、「楽しいこと」「気持ちのよいこと」を考えてプラスの感情に切り替えましょう。

アメリカで発達した成功の法則では「良いことを思えば良いことが起こり、悪いことを思えば悪いことが起こる」と言われているそうです。


自分にとって前向きに捕らえる習慣付けをしてみたらいかがですか。
プラス思考になると、セロトニンやベーターエンドルヒンなどが集中力を高めくれます。
セロトニンとは「やる気・意欲がでる」に必要な様々な脳内ホルモンの働きを助ける脳内物質です。
前向きな気持ちプラス思考がいかに大切かが、生きるうえで重要なポイントになるでしょう。

セロトニンは人を愉快にする脳をコントロールする特別な脳内ホルモンです。
精神を安定させ興奮や不快感を沈める働きがあります。 

冬になって日照時間が短くなると、いつもよりも、セロトニンの分泌が減ることが分かっています。
セロトニンの分泌を促すには、明るい太陽の下で、5分以上ウォーキングをするのが最適ということです。

★この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます★

簡単にプラス思考になる方法
絶対にプラス思考になることが出来ないと悩んでいるあなたでも、これを読めばきっとプラス思考になれるはずです。プラス思考になるために必要なことはほんの少しだけ考え方を変えるだけなのです。
 

スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔