免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> 乳酸菌を食べると免疫力を高める

体を守っている免疫細胞の約7割は、腸に集まっていると言われています。
だからこそ、腸の健康を守ることが免疫力を高める決め手となるのです。

食べることで免疫力を高めることが分かっているものに乳酸菌があります。
乳酸菌は、低下した免疫系を活性化する働きと、免疫系のバランスが崩れた状態を整える働きもあります。
よく聞かれるビフィズス菌も乳酸菌の一種です。

ヨーグルト乳酸菌が多い食品としてヨーグルトがよく知られています。
私たち人間の体内では1日1兆個の細胞が生み出され、そのうち悪性の細胞は健康体でも毎日5000個くらいが生み出されています。

しかし、NK細胞は日々生まれるこの悪性の細胞を撃退し、またインフルエンザや風邪菌といった外部から侵入したウィルスに感染した細胞も撃退する役割をもちます。
NK細胞によって私たち人間の身体は、病気にならずに健康を維持できるのです。

NK細胞は生活リズムの乱れと精神的ストレスで活力を失うことがあります。
規則正しい生活習慣をして、ストレスがかからないように心がければ免疫力を高めることができます。
免疫力アップのためにヨーグルトを食べる習慣を始めるのも良いのではないでしょうか。


★乳酸菌に関する詳しいことはこちらを参考にして下さい★

日本初の植物性乳酸菌配合の青汁
乳酸菌の特徴は何よりも生きて腸まで届くということ!
乳酸菌が腸に届くと、腸内に住み着く善玉菌であるビフィズ菌を増やして大腸菌などの悪玉菌をやっつけてくれるんです!
腸内で善玉菌が増えると、腸の機能は高まり消化吸収が促進。体内環境が整うことで、便秘や下痢などの気になる症状の予防に役立ちます。
昔の日本人は毎日の食事から、漬物をはじめ、味噌、醤油、日本酒などから乳酸菌をとっていましたが、現代では欧米型の食生活になり、植物性乳酸菌がほとんど摂れなくなっています。



 スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔