免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める方法  >> R1ヨーグルトの乳酸菌パワーで風邪予防
冬には風邪やインフルエンザが大流行しますが、同じような生活環境に置かれても風邪やインフルエンザにかかっている人と、かからないですむ人がいます。


風邪を引く寒さにさらされたり、感染力のあるウイルスを持っている人に接触したりしていても、免疫力が高い人は風邪を撃退してしまうパワーがあります。

私たちの体の中で免疫システムが働くことで、常に病原体など外敵から体を守ってくれているのです。

でも、私たちの体は栄養バランスが悪い偏った食生活や、ストレスにさらされたりすると免疫力が低下してしまいます。
免疫力の低下で、風邪などの感染症にかかりやすくなり、ひいてはガンになりやすい状況に陥ってしまうのです。

こうした体に重要な働きをしている免疫機能に大きく関わっているものの一つが腸内細菌の「善玉菌」である乳酸菌です。

最近、R1ヨーグルト乳酸菌パワーが話題になっていますね。

1073R-1菌「R1」の正式名称は、Lactobacillus bulgaricus(ラクトバシラスブルガリクス)OLL1073R-1株。
ヨーグルトを作るために使用されるブルガリア菌の一種で、ブルガリア菌の中でも免疫力を高める作用をもつEPSを多く産生する特性があるのだそうです。


EPSとは乳酸菌などが菌体外に作り出す多糖体をEPSと呼び、生体に対して免疫機能を活性化することが分かっています。

このため、1073R-1乳酸菌を摂取すると、免疫力が高まり風邪をひきにくくなること、インフルエンザウイルスに対して感染防御効果について研究結果が発表されています。

私たちの体内では1日1兆個の細胞が生み出され、そのうち悪性細胞は健康体でも毎日5000個くらいが生み出されています。

しかし、NK細胞は日々生まれるこの悪性細胞を撃退し、またインフルエンザや風邪菌といった外部から侵入したウイルスに感染した細胞も撃退する役割をもつため、NK細胞によって私たちの身体は、病気にならずに健康維持できるのです。

風邪を引きやすい人、不規則な睡眠時間などにより生活リズムを崩しやすい人、精神的・肉体的に日々大きなストレスを抱える人は、NK細胞の活性が低い傾向にあります。

NK細胞の活性が低い体は、体内に生まれた悪性細胞を攻撃する力が弱くなり、結果的に風邪や病気になりやすくなったりします。

免疫力アップのためR1乳酸菌、R1ヨーグルト摂取を開始するのも良いのではないでしょうか!


★R1ヨーグルト乳酸菌に関連する記事はこちらも参考にして下さい★

R1乳酸菌を使用したヨーグルトで免疫力アップ
R1ヨーグルトが免疫力をアップすることはよく知られています。
「実際に調査・研究やってみた」という報道がありました。
順天堂大学医学部特任教授(免疫学)の奥村 康氏と、有田共立病院(佐賀県有田町)院長の井上 文夫氏は、共同で健康維持における免疫力とナチュラルキラー細胞(NK細胞)の重要性とその研究結果に関するメディア向け説明会を都内で開催されました。

スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔