免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高めるサプリ  >> 馬プラセンタの免疫賦活作用で未病改善
プラセンタは、免疫力アップ、生活習慣病の予防と改善、肝機能障害の予防、疲労回復、免疫賦活作用

さまざまな分野で効果が期待されています。

免疫賦活作用」とは、自分の体内に入ると病気になってしまうウイルスや細菌を体内から追い出したり死滅させる機能を活性化する作用のことです。

馬プラセンタつまり、免疫力をアップさせる作用と言うことになります

プラセンタを継続して摂っていると、喘息、花粉症やアトピー性皮膚炎などの
アレルギー症状が緩和されることがあります。

これは、プラセンタの抗炎症作用、自律神経調節作用、活性酸素除去作用、細胞活性化作用、血行促進作用などが、お互い影響し合って、相乗効果で症状を改善に導くのだと考えられています。

最近、話題のなっている「未病」とは、漢方の分野で使われている言葉で、病気になりつつある状態を意味しています。
健康診断の検査では正常値を示しているのに、「何となく調子が悪い」状態は、未病だと考えられています。
何となく調子が悪い症状が出たら、プラセンタを扱っている医療機関に相談してみてはいかがでしょうか。

「プラセンタ」とは、英語で胎盤という意味です。
一般に「プラセンタ」と呼んでいるのは胎盤そのものではなく、人間や豚と馬の胎盤から抽出されたエキスのことです。

健康食品、化粧品などに利用されているプラセンタは、豚と馬のプラセンタです。
なかでも、最近注目されているのが、「馬プラセンタ」です。

馬プラセンタは、豚に比べてアミノ酸の質と量のバランスが良く、アミノ酸含有量が豚より約300倍も豊富に含まれているからです。

スポンサーリンク

プラセンタ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔