免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> ヨーグルトの栄養成分が腸内環境を整えます


ヨーグルト栄養ヨーグルトの栄養価で一番の特徴は乳酸菌による効果です。

善玉菌の代表といえる乳酸菌は、ビフィズス菌を増やして腸内環境を整え、悪玉菌の繁殖を抑えて腸の免疫力を高めてくれます。


便秘や下痢の改善、各種ガン予防、高血圧や肝臓障害の軽減など、さまざまな作用があります。

また、乳酸菌にはコレステロールを下げる作用もあり、高コレステロールの方に役立ちます。

ヨーグルトに含まれるタンパク質は、乳酸菌によってペプチド類に分解されていて、消化吸収が良いのが特徴です。

ヨーグルトはカロリーがとても少なく体重を気にする事なく摂取できます。
そのため、ヨーグルトはダイエット中の食事を置き換える「ダイエット法」として紹介される事もあります。

美容と健康にとても良い栄養が含まれているのがヨーグルトです。

牛乳が苦手な人の理由に、お腹がゴロゴロいってしまうというのがあります。
これは牛乳に含まれている乳糖が原因なのですが、乳酸菌によって分解されるので大丈夫になることもあります。
牛乳が苦手でもヨーグルトは食べられる人が多いのは、ヨーグルトに含まれている乳酸菌のおかげです。


乳酸菌は生物なので、生きている状態で腸まで届いたときに始めて悪玉菌を退治してくれる役割があります。
しかし、胃の中に入った時点で胃液にやられてしまうものも出てきます。

生きて腸までたどり着けない乳酸菌でも、「力」をもっていて悪い菌をすいつけて外に出してくれます。
どちらにしても乳酸菌は体に良い働きをするのには変わりありませんね。


★乳酸菌ヨーグルトの健康効果に関する記事です★

R1乳酸菌を使用したヨーグルトで免疫力アップ

1073R-1乳酸菌ヨーグルトが免疫力をアップすることはよく知られています。
順天堂大学医学部特任教授(免疫学)の奥村 康氏と、有田共立病院(佐賀県有田町)院長の井上 文夫氏は、共同で健康維持における免疫力とナチュラルキラー細胞(NK細胞)の重要性とその研究結果に関するメディア向け説明会を都内で開催されました。


スポンサード リンク
ヨーグルト 乳酸菌

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔