免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める方法  >> NK細胞を活性化させ免疫力を高める方法

免疫力を高めるには免疫システムの中でも、攻撃的で外敵に対してよく戦うのが、NK細胞です。
NK細胞(ナチュラルキラー細胞)は他の免疫細胞よりも即戦力として働き、その上攻撃的で、ウイルスに感染した細胞など、異常のある細胞を攻撃して破壊するのが特徴です。


このように、NK細胞が果敢に戦ってくれるうちは、ささいな感染が大事に至らなくて済むのです。

NK細胞は、まさに感染症などを防ぐ最前線の部隊で防御の要なのです。

では、私たちの体内で NK細胞の活性を高め、病気にならない免疫力を高めるにはどうしたらよいか。

1073R-1乳酸菌テレビ放映で最近注目されている「R-1乳酸菌を使用したヨーグルト」は、NK細胞を活性化して免疫力をアップさせるそうです。

この活性化されたNK細胞が、がん細胞を破壊した映像も流れました。



なぜ、乳酸菌やヨーグルトが免疫と関係があるか、免疫力の約7割は腸で作られる学説からきています。
なので、腸が弱いと免疫力も低下するということになるようです。

ヨーグルトを食べて乳酸菌を増やすことは、結果的に免疫力を高めることになるということです。

また、R-1ヨーグルトが作られる過程で乳酸カルシウムが生成され、これが水に溶けやすく体への吸収率が非常に優れているとのこと。


▼ヨーグルトに関する記事はこちらも参考に▼

R1乳酸菌を使用したヨーグルトで免疫力アップ
「実際にR1ヨーグルトを飲んだ児童の調査・研究をやってみた」という報道がありました。
順天堂大学医学部特任教授(免疫学)の奥村 康氏と、有田共立病院(佐賀県有田町)院長の井上 文夫氏は、共同で健康維持における免疫力とナチュラルキラー細胞(NK細胞)の重要性とその研究結果に関するメディア向け説明会を都内で開催されました。
 

スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔