免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める生活  >> 歯周病を起こす原因の一つに免疫力低下

歯周病は虫歯と並んで、歯を失う大きな原因の1つです。歯茎
歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまい、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。

昔は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、今は「歯周病」という呼び方が一般的です。

歯周病の特徴は、虫歯と違って初期段階では痛みを感じることが少なく自覚症状がほとんどありません。

そのため、「歯周病に気が付いた時にはすでに手遅れになっている」ことが多いということから、サイレントキラー(静かな殺し屋)とも呼ばれ、最も恐ろしいところです。

歯周病は世界で最も患者数が多いとも言われる感染症です。
厚生労働省の調査によると、日本でも約7割の人がこの感染症にかかっています。

かつては「歯が抜ける病気」と思われていた歯周病ですが、近年の研究で全身に影響を及ぼすことが分かってきました。

特に糖尿病とは密接な関係があり、「歯周病になると糖尿病になりやすくなり、糖尿病になると歯周病になりやすくなる」と言われています。
この「負の連鎖」を食い止めるために、糖尿病の人は歯周病に対してより一層の注意を払うことが必要になります。

また、歯周病菌が血管内に入ると血栓ができやすくなり、心臓病や脳梗塞のリスクを高めるという研究報告も相次いでいます。

原因

歯周病の原因は細菌で、歯をよく磨かないと、特に睡眠中は唾液の分泌が少なくなり、洗い流す効果が弱まるため、細菌が繁殖しやすくなります。
以前は「歯周病は老化が主な原因」といわれていましたが、最近では糖尿病などの病気や生活習慣、遺伝的要因が複雑に影響して歯周病が発症し進行することが分かってきました。
歯周病が恐ろしいのは、歯周病が起きた背後に、全身の様々な疾患が隠れているという点です。
ここから、歯周病は私たち身体の免疫力、自然治癒力とも大きく関与していることが分かります。

治療法

まず自然治癒力を高める治療法による生活改善が必要になります。
歯周病は「粘膜疾患」という一面もありますので、免疫系のバランスを崩すと粘膜の回復力が低下します。
歯周病の人の多くが、ストレスや心労で心身の負荷が大きいように言われています。
ストレスで交感神経が興奮状態となり免疫力は低下します。
そのため、まずライフスタイルの改善を基本に、自然治癒力を高めることが大切になります。

予防法

歯周病を予防するには、何よりも歯磨きはもちろんですが、ライフスタイルを見直して免疫力を高めて、生活習慣病を予防していく事が大切です。
正しい歯のブラッシング法をマスターして、歯石を除去し、年に数回は歯周ポケットのチェックを行なうようにしよう。
歯が痛くなくても年に1回は歯科医へ行くことが歯周病の早期発見になり予防の近道です。

スポンサーリンク



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔