免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> ヨーグルト ダイエットで痩せる効果的な方法
ダイエット

ヨーグルトダイエットは簡単で気軽にできるダイエットです。

体にも優しいやり方のヨーグルト ダイエットは、同じものを食べ続けるダイエットの中では比較的アレンジもしやすい方法です。


ヨーグルトに含まれる「乳酸菌」によって作られる酸は、病原菌や食中毒菌といった有害な悪玉菌の増殖も抑えるため、免疫力アップにも効果的といえます。
最近の研究では、花粉症の発生に関与する免疫細胞の活性を抑えてくれることもわかってきました。


実践方法

ヨーグルトダイエット方法として、毎日3食摂る食事のうち、1食をヨーグルトに置き換えるダイエット方法が一般的で有名です。

朝食を抜きがちな人には、朝食にヨーグルトを取り入れるのが最適な方法です。

朝は忙しくて食べないでいると、必要なエネルギーやカロリーが不足してしまいます。
そのため、昼食や夕食を多く摂ってしまいがちなので、それを防ぎながらダイエットが出来るのです。

ヨーグルトだけでは腹もちが足りないと思えば、果物なら多少加えても大丈夫なので1品追加してください。
また、ちょっとでも飽きてきてしまったら、果物の種類を変えてみたり蜂蜜を加えてみましょう。

なので、アレンジ次第で飽きずに続けやすいと思いますので、継続こそダイエット効果は期待できるものになると思います。

ヨーグルトの効能をよりパワーアップさせるためには、オリゴ糖や食物繊維と一緒に食べるとよいでしょう。
オリゴ糖は善玉菌のエサになり腸内環境を整える働きがあります。

また、果物などに含まれる食物繊維は、体内の消化酵素によって分解されないので、消化・吸収されないまま大腸に運ばれます。
そのため、大腸内にある乳酸菌をはじめとする善玉菌の栄養源となり、さらにヨーグルト効果が期待できます。

r-1ヨーグルトダイエットを妨害するのは脂分なので、ヨーグルトを選ぶときは低脂肪タイプがお勧めです。

最近ではヨーグルト容器の表面に脂質が記載してあるので、店頭で探しやすいと思います。
 

健康効果

ヨーグルトダイエットの効果はなんといっても乳酸菌の力で腸内環境を整える力を持っていて、健康維持にも効果的なのです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は体にとって良い働きをする善玉菌なので、乳糖などの糖類を栄養源にして酸を作り出し、これらの酸が腸を刺激することで便秘予防効果が期待できます。

腸の調子が良くなるということは、腸の運動量が増えるということなので基礎代謝量アップにもなり、痩せ体質にもつながります。

すぐには健康効果はみられないかもしれませんが、1週間を過ぎたあたりから腸の調子がよくなり身体が軽くなったと実感できるようになります。

そして、腸を過ぎてしまうと乳酸菌の効果はなくなってしまうので、健康を維持していくにはヨーグルトは毎日摂る事をお勧めします。

ヨーグルトの量としてはそんなに多くとる必要はなく、100グラム程度を摂るだけで十分なのです。

そしてヨーグルトを食べるだけでなく、腸の活動を健康的に保つために、楽しく行える運動とストレスの発散も必要であることは言うまでもありません。
 

▼乳酸菌ヨーグルトに関連する記事です▼

R1乳酸菌を使用したヨーグルトで免疫力アップ

ヨーグルトが免疫力をアップすることはよく知られています。
風邪を引きやすい人、不規則な睡眠時間などにより生活リズムを崩しやすい人、精神的・肉体的に日々大きなストレスを抱える人、そして高齢者などは、NK細胞の活性が低い傾向にあります。
NK細胞の活性が低い身体は、体内に生まれた悪性の細胞を攻撃する力が弱くなり、結果的に風邪や病気になりやすくなったり、長期的に見た場合の発ガン率に影響を与えるといわれます。

 

スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔