免疫力を高める日常生活の体験談サイトトップ >免疫力を高める方法  >> 爪の色や形で病気を見つける方法

爪の健康爪は体の中で起こっている異常を知らせてくれる大事な役割を持っています。

実は多くの人が知らないうちに「爪の病気」にかかっていることがあります。

軽度な症状であれば良いのですが、時として大きな病気に繋がることもあります。

★よくある爪の状態とその原因をご紹介します。

あなたも是非一度自分の爪をじっくりとチェックしてみてはどうでしょうか?
気になる方は念のため専門医の診察を受けられることをオススメいたします。

病気は早期発見、早期治療が肝心です。

少しでも異常を感じた場合には、症状が悪化する前に調べてみたほうが良いと思います。
正しい知識を身に付け、健康な体を目指しましょう。
 

爪の色で判断する

(健康な爪の状態は毛細血管の色が透けて見えるため、全体的に薄いピンク色をしています)

・爪が白くにごっている
  肝臓・腎臓・糖尿病の病気が疑われます。

・爪が青紫
  肺の病気・悪性の貧血・心臓病の可能性あり。

・爪が黄色っぽい
  リンパ系の病気・内臓疾患・皮膚疾患の可能性あり。

・爪が青白い
  貧血の可能性あり。

・爪が赤い
  多血症・心筋梗塞・脳血栓等の可能性あり。

・爪が黒褐色
  悪性腫瘍(メラノーマ)、甲状腺の病気の可能性あり。
 

◆爪の状態で判断する

・爪に縦線が入っている
  大人の爪は、年齢的なものから線が入るのは普通のことで、血液循環が悪いも縦線ができます。

・爪に横線が入っている
  爪が成長出来ていないということで、ここ数カ月の病歴、体調不良を示しているのです。
  精神的なストレスや薬品などによる刺激、高熱や、亜鉛が欠乏している時に出ます。
  栄養のバランスの良い食事を摂って、全般的な健康の維持が大切です。

・爪がそっている(中央部分のへこみ)
  鉄分不足、貧血、その他の内科的病気等と合わせて症状が出るため、専門医の受診を。


爪の病気◆爪の色戻りで判断する(指先の毛細血管の状態がわかる)

  ①利き手でない薬指を、利き手の親指と人差し指ではさみます。
  ②爪を利き手の親指の腹で、30秒!少し強いくらいの力でぎゅーと押します。
  ③離した後に、どのくらいで爪の色が戻るかを計りましょう!

  もし、1秒以内に爪の色が戻らないと要注意です。
  このテストで指先の毛細血管に異常がある場合は、全身の毛細血管でも同じ状態が考えられ、
  血液がドロドロになっている可能性が大です。
  とくに毛細血管が密集している腎臓で起こると、疲れやすくなる、免疫力が低下して、
  むくみやすくなるなどの症状がでてきます。
  また、腎不全、結石、心筋梗塞になる可能性も考えられるので要注意です。


▼爪の健康に関する記事▼

爪もみは手軽な免疫力アップ健康法
爪もみは、自律神経のバランスを整えて免疫力を十分に発揮させるために、手軽で効果の高い方法です。
日本自律神経免疫治療研究会の理事長である、福田稔医師(福田医院)が考案しました。
免疫力が低下する最大の原因は、自律神経の交感神経が過度に緊張して、リンパ球が減少することです。
爪もみは、交感神経に傾いた自律神経の働きを、副交感神経優位に導き、リンパ球を増やして免疫力を回復させる効果があります。
 

スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔