免疫力を高める日常生活の体験談サイトトップ >免疫力を高める食材  >> 梅干しで免疫力アップ
梅干し梅干しは昔から薬効の多い食品として知られていますが、有効成分の1つがクエン酸です。
クエン酸は代謝をよくすることで疲労を予防・解消し、免疫力を高めて元気な体を維持します。

梅の効能研究を行う和歌山県立医科大学の宇都宮洋才(うつのみやひろとし)医学博士は、昔から知られる疲労回復効果について「クエン酸やリンゴ酸など梅に含まれる8種類の有機酸が働き、疲労の指標となる乳酸をたまりにくくするため」と説明しています。

昔から「番茶梅干し医者いらず」といわれ、梅の効能が経験則として語り継がれてきました。
梅干しと熱い番茶を毎日のんでいれば、病気の予防になるだけでなく 、引き始めの軽い風邪くらいなら治ってしまうということわざです。 

民間伝承療法の中でも、よく知られている梅醤番茶は、疲労回復、貧血気味や冷え性、生理痛、胃腸強化などに良いといわれています。
梅醤番茶の作り方は簡単ですので、食前か空腹時に1日1~2回よろしかったらお試し下さい。

★梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)の作り方
①梅干し(1個)を湯のみ茶わんに入れて種をとる
②天然醸造の醤油(茶さじ1杯)と好みで生姜汁(2~3滴)を加える
③梅干しと醤油をよく練って全体的にくずす
④番茶(3年番茶など)を8分目まで注いでよくかきまぜて飲む

▼梅干の効能について関連記事▼
 
唾液(だえき)は食事中に大量に分泌され、人間にとってなくてはならない重要なもので、全身の健康に関わり大活躍をしています。
唾液には、消化を助ける働きや抗菌作用、最近の研究では、口腔内の粘膜を修復していく働きもわかり、脳機能や身体の老化を予防する働きなどがわかってきています。
梅干や酢の物など、酸味のあるものを口にすると唾液の分泌が盛んになります。
 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔