免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める食材  >> フコイダンは免疫細胞を活性化させる
フコイダンは免疫力を強化することで、いつまでも健康な体を保つために有効な栄養素といえるのです。フコイダン
そもそも免疫力というのは、体外などから体内に侵入してきた病原菌やウィルスなどの不必要な異物を排除してくれる役割を持っています。

雑菌やウイルスから身を守る免疫力を強化すれば、風邪を引くことも、大きな病気に掛かることもなくなり、健康な生活を送ることが出来ます。

フコイダンはモズクやワカメ、メカブ、コンブ、アカモク、ぎばさ、ナガモなどの海の野菜といわれる海藻類に多く含まれているヌメリ成分の一つで、水溶性食物繊維の一種です。

元々海藻の周りを覆っている物質で、海藻を外部の色々な敵から守っています。
この機能は人間にもあり、口の中や、鼻の中など、色々な場所に粘膜があり、私たちを雑菌やウイルスから守ってくれています。
 
フコイダンはこの粘膜の力を強化したり、体全体の免疫力を高めてくれる効果があるとされています。

近年では、そのフコイダンに驚きの効果があることが判明しています。
それが、ガンに対する効果で、最近特にガゴメ昆布のフコイダンという成分が注目されています。

その理由は、ガゴメ昆布のフコイダンにNK細胞の活性化作用があることが最近の研究でわかってきたからです。
ガンを移植したネズミにガゴメ昆布のフコイダンを食べさせた実験で、ガゴメ昆布のフコイダンによって体内のNK細胞の活性が上昇し、ガン増殖の抑制が認められました。

ひとくちにフコイダンといっても、海藻の種類によってその構造や量がかなり違うことが、最近の研究でわかってきています。
つまり、このような、NK細胞の活性化作用はガゴメ昆布のフコイダンの大きな特徴といえるでしょう。

海藻また、海藻には血液をキレイにする効果もあるため、体の血液循環が良くなり免疫細胞が体全体に行き渡りやすくなるというこ効果もあります。

▼海藻の健康効果について関連記事です▼
 
海藻や野菜に含まれるビタミンや食物繊維が、腸内細菌に良い影響を与え、体の免疫力を高めることが様々な研究から明らかになってきました。
植物性の食品を中心にした食事は、腸内環境を整え腸内細菌に良い影響を与えることがわかっています。 
食物繊維が豊富な野菜や果物は、腸内の有害物質を便と一緒に体外に排泄してくれます。 
有害物質が出されて腸内環境が良くなると、乳酸菌やビフィズス菌といった有益な腸内細菌が棲みやすくなります。 
食物繊維には腸内細菌の増殖を促す効果があります。


スポンサーリンク



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔