40歳から病気にならない免疫力を高める方法サイトトップ >免疫力を高める食材  >> アスタキサンチンは今注目の健康成分


今、最も注目されている健康成分の一つが「アスタキサンチン」と言われています。
アスタキサンチンはカロテノイドの中でも非常に強い抗酸化力を持つ物質で、自然界最強の抗酸化作用を有する物質といわれています。

アスタキサンチンの抗酸化力は強力でビタミンEの1,000倍、βカロテンの100倍もの抗酸化力を発揮するという実験結果もあるほどです。

免疫力と抗酸化力は非常に密接な関係があるため、アスタキサンチンは免疫力を高める上で効果を発揮します。
 
免疫力を高めるには抗酸化物質を積極的に摂って、体内の活性酸素を少なくということが欠かせません。

免疫システムとは、体内環境が整っていてはじめて十分な能力を発揮するのです。
つまり、免疫力を強くするポイントは、免疫細胞を活動しやすいような環境を整備し、バックアップしておくということです。

アスタキサンチンの強力な抗酸化力は、紫外線にあたったときやエネルギー生成時に発生する活性酸素(一重項酸素)の消去能力はトマトの色素リコピンに次ぐ強さがあります。

一重項酸素は肌が紫外線に当たった時に発生する活性酸素です。
肌に発生する活性酸素はシミやシワなどの原因になります。
アスタキサンチンを配合した化粧水やクリームなどの化粧品で肌の抗酸化をするのは活性酸素対策として有効です。

アスタキサンチンは脂肪に溶ける性質を持ち、細胞の中に入り込んで活性酸素を消去して血液をさらさらにします。

また、アスタキサンチンは脳に不必要な物質が侵入するのを防ぐ血液脳関門を通過できる数少ない抗酸化物質であるともいわれており、そのため脳内の毛細血管の血行改善および眼の疲労回復など、全身で抗酸化力を発揮します。

カニのアスタキサンチンアスタキサンチンは魚ではサケ、タイ、キンメダイ、鯉,イクラなどです。
甲殻類ではエビやカニなどのに多く含まれています。

エビやカニに含まれるアスタキサンチンは生きているときはタンパク質と結合しているためくすんだ色をしていますが、加熱するとタンパク質とアスタキサンチンが分離して本来の鮮やかな赤色が現れます。
アスタキサンチンは加熱すると鮮やかな赤色になるのが特徴です。

▼免疫力を高める関連記事▼
 
免疫力とは、動物が自分の体を守るために持っている「自分自身を守る力」です。
免疫力で、体内に入った病原菌や、体内で増殖していく異物を撃退し、健康を維持しています。
免疫力が低下するとあらゆる病気の発症の要因となるので、健康のため日頃から免疫力を高める食生活を心がけましょう。
免疫力を高めるには三大栄養素を基本にビタミン類やミネラル類、食物繊維、抗酸化力の高い食品などを組み合わせて食べるようにしましょう。

スポンサーリンク


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔