免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食材  >> アボカドの栄養価は高くギネスブックでも認定


アボカドの栄養アボカドは「森のバター」と呼ばれ、ギネスブックでも認定された栄養豊かな果物なのです。

クリーミーな食感で美味しいアボカドですが、約20%の脂肪分を含んでいます。

しかし、そのうち80%がオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸が中心なので、コレステロールの心配はいりません。

アボカドの栄養価は高く、各種ビタミン、鉄やリンなどのミネラルも豊富に含んでいます。

また、体内の余分なナトリウムを排泄してくれるカリウムも多いので、脳梗塞予防や高血圧予防、心筋梗塞予防などにも役立ってくれます。

アボカドで忘れてはならないのはビタミンEの含有量で、1日の必要量の3割も含まれています。

ビタミンEは若返りのビタミンといわれ、血行を改善し、強い抗酸化作用で老化防止の役割も果たします。
アボカドの栄養素は抗酸化作用が高く、エネルギー源となるタンパク質も含まれているため免疫力アップに効果的です。

アボカドはビタミンB2も多く、これは脂肪の代謝を促し、血中脂質や中性脂肪がたまるのを防いでくれます。

また、ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康を維持する大切な栄養素で、不足すると口内炎や結膜炎、肌荒れを引き起こしやすくなります。

▼免疫力を高める果物▼バナナの免疫力
 
バナナには、スタミナの維持や免疫力アップなどのうれしい効果が期待できます。
昔は高級だったバナナは、特別な日にしか食べることができなかったのですが、今では値段も手ごろで、すっかり庶民の味となりました。
バナナの驚くべき効能を知って健康づくりに役立てましょう。
風邪などのウイルスを撃退する白血球の数や免疫力を高める効果をバナナは持っているのです。
1日1本バナナを食べれば、白血球が増え、やがて免疫力がアップしていくのです。
病気の予防にはもちろん、病み上がりの時など、ウイルスに対する抵抗力が十分でない時にはバナナを食べて外敵に対する免疫力をつけましょう。

ビタミンやミネラルを含む食べ物は免疫細胞を刺激して、免疫力を高めてくれます。
ビタミンA(βカロチン)を含むカボチャやホウレンソウ、ニンジンはリンパ細胞の働きを高めてくれます。
ビタミンB6を含むイワシやマグロ、レバーといった食べ物は免疫グロブリンと呼ばれる抗体の元です。
ビタミンCを含むブロッコリーやピーマンはマクロファージを活性化させます。
ビタミンEを含むアボガドやモロヘイヤは、B細胞の増殖を促進します。
亜鉛を含む牡蠣やホタテ、うなぎ、豆類、海藻などの食べ物はT細胞の働きを強化します。
セレンを含むゴマや貝は抗体産出を高めてくれます。
また、抗酸化作用のある、柑橘類や緑黄色野菜なども免疫力を高める食べ物です。
健康維持のため日頃から免疫力を高める食生活を心がけましょう。
 

スポンサード リンク
アボカド

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔