免疫力を高める日常生活の体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> セロトニンを増やすバナナで気分スッキリ
癒しのホルモンとも呼ばれるセロトニンは、心を安定させる働きがあるのです。セロトニン

セロトニンによって脳が活性化してスッキリの状態が持続するため、前向きな気分になれて気持ちも落ち着いて過ごせます。

脳の神経伝達物質セロトニンが不足すると気分が不安定だったり、イライラの原因になりがちです。

朝に気持ちが落ち込んだり、寝起きが悪くキレやすい人は、セロトニンが足りないことがあります。
バナナの免疫力そんな時は、セロトニンを増やす成分が多く入っている、バナナを食べてみましょう。

ダイエットを行うと我慢してイライラした気分になります。
しかし、バナナを食べることでセロトニンを補給することができ、ダイエット中のイライラ解消に役立ちます。

バナナと牛乳には、セロトニンの原料であるトリプトファンが多く含まれています。
さらに、バナナ はセロトニンを作る時に必要なビタミンB6や、脳の唯一の栄養源であるブドウ糖も豊富です。

夜になって暗くなると、セロトニンからメラトニンが作られます。
メラトニンは、睡眠ホルモンとも言われていて、自然な眠りに導いてくれます。 
セロトニンが十分ないと、メラトニンが不足してしまい、快適な睡眠がとれません。
夜の快眠のためには、日中にせっせとセロトニンを作っておく必要があるのです。

★バナナ牛乳の作り方はすごく簡単です
ミキサーに牛乳入れて、バナナはたっぷり1本入れてミックスします。
冷たい方がお好きな人は氷を1~2個一緒にミックスすると良いでしょう。
これにヨーグルトを加えると、さらにおいしさアップします。
バナナで十分な甘さがあるのでお砂糖などを加える必要はありません。

▼関連する記事です▼
 
バナナには、スタミナの維持や免疫力アップなどのうれしい効果が期待できます。
昔は高級だったバナナは、特別な日にしか食べることができなかったのですが、今では値段も手ごろで、すっかり庶民の味となりました。
1日1本バナナを食べれば、白血球が増え、やがて免疫力がアップしていくのです。
病気の予防にはもちろん、病み上がりの時など、ウイルスに対する抵抗力が十分でない時にはバナナを食べて外敵に対する免疫力をつけましょう。

家事で疲れたとき、大きく息を吸ってゆっくり吐くと、体全体のこりがほぐれてゆったりした気分になります。
こうしたリラックス効果は、深呼吸のもつ大きなメリットの一つです。 
しかし、実際に肺全体を使って呼吸をしている人は少なく、たいていの人は肺の呼吸機能の70~80%しか使っていません。
浅い呼吸では動脈血への酸素の取り込みが十分行えず、酸素不足になってしまいます。
これでは全身の細胞はイキイキと働くことができません。
呼吸機能を十分に使うには、腹式呼吸がおすすめです。
ストレスを感じたら、意識的に腹式呼吸をゆったりと繰り返し、緊張をほおぐしてみましょう。

ためしてガッテン
「あしたから劇的快眠SP」と題して放送されます。
「夜中に目が覚める」「熟睡できない」。
こんな悩みを持つ方に朗報!
自分では気づきづらいが、睡眠中に起こる体の微妙なけいれんが原因で、夜中に目が覚めてしまう。
実はこの体のけいれん、「しゃっくり」と仕組みが非常に似ていて、たった一つの対策でピタリと止めることができるのだ。
プロが伝授する「しゃっくりを止めるワザ」を紹介しながら、簡単で効果バツグンの不眠撃退術を徹底紹介!
久しぶりのスッキリ快眠を手に入れよう!

 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔