免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める食事  >> バランスの良い食事を心がけて免疫力アップ
免疫力アップに効果的な食材を取り入れたバランスのよい食事を心がけましょう。完全栄養食
日本は世界に誇る長寿国になりましたが、急速な高齢化やそれに伴う、生活習慣病などが激増しています。

食生活の偏りなどにより栄養バランスが悪化し、免疫に大切な栄養が不足し、逆に体によくない食べ物の摂取が増えることで腸内が乱れ、免疫力の低下が心配されています。

私たちは加工食品やインスタント食品やファーストフードに代表される偏食的な生活やダイエットなどで栄養素の不足を繰り返し行っています。

また、食生活の欧米化が進み、肉や肉の加工食品に代表される動物性タンパク質をとり過ぎると免疫バランスを崩す原因となります。
動物性タンパク質をとり過ぎると消化に時間がかかるため、腸内で腐敗醗酵を起こして、たくさんの悪玉菌などの毒素が生産されるからです。
 
免疫力を活性化させる最も効果的な方法は、食事内容を変えることが大切です。

5大栄養素である炭水化物(糖質)、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル(無機質)を十分にバランスよく摂らなければ免疫に働く組織がうまく機能していきません。

免疫の要である白血球は、タンパク質から作られます。
青魚魚介類の中でもアジ、サバ、イワシなどの青背魚には、良質のタンパク質がたっぷり含まれ、DHAやEPAといった血液をサラサラにする不飽和脂肪酸も含まれています。

肉類も良質なタンパク源ですが、脂質を摂りすぎてしまいがちなので、脂身の少ない部分を選び、たっぷりの野菜を組み合わせるなどの工夫をしてください。

トマトまた、何らかの原因によって活性酸素が増えすぎると、自分の細胞を酸化させて傷つけはじめ、老化を促進したり、ガンを引き起こす原因になります。

活性酸素の弊害を阻止する抗酸化力が高く、リンパ球の働きを活性化させてくれる
ファイトケミカルを積極的に摂るといいでしょう。


 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔