免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> しょうが紅茶を飲んでプチ断食ダイエット


ダイエットプチ断食でダイエットをするのは可能だと思います。

最近よく耳にするプチ断食は、人間が元来保持している免疫や抗体、自然治癒力などをプチ断食によって目覚めさせ、脂肪や体重を減少させることを期待したダイエット法です。


断食をすると免疫機能が高くなるということは医学的にも解明されています。
断食によって、病気の予防や、花粉症、アトピー、風邪など免疫に関する病気の体質改善をしていくことができるということです。

プチ断食によって、食べ物の摂取をストップすると、いつも使われる食べ物を栄養に変えるエネルギーは、免疫や抗体、組織を再生するために使われ、よって代謝がアップし、その結果痩せることができるようです。

つまり、ここで言う「プチ断食」とは、ただ食べずに体重を減らすのではなく、体質を改善し、太りにくいからだをつくるという認識のダイエット法です。
 

 
しょうが紅茶私は、朝起きたら「しょうが紅茶」を飲んで行う、半日間のプチ断食を続けています。
 
「朝だけしょうが紅茶」ダイエット 7日間、体を温めて水を出す (PHP文庫) で有名な石原結實先生が提唱する方法なのですが、これがほんとに胃腸の不調や便秘、冷え性の改善に効果ありました。
 
必要なものは紅茶、しょうが、黒砂糖だけなので、すぐ実践できるし、半日だから気軽な方法です。
紅茶をカップに入れて、黒砂糖ティースプーン1杯、チューブしょうがを2センチくらいを混ぜて作ります。

夕食を食べてから、次の日の昼まで何も食べないだけで、普通に半日経っているんですよね。
だから断食というか、食べるのを止める時間を作るという健康法ですね。
黒砂糖を入れたしょうが紅茶を飲むので、お腹は減らないし、逆に下半身が軽くてすごく動きやすいです。

◆ 

そもそも、現代人はエネルギーを取りすぎて「食べ過ぎ」の傾向にあります。
そうすると、胃腸がバテバテで疲れきっているのです。

プチ断食を行うと、まず胃腸にお休みを与えることが出来ます。
休みの間にあなたの胃腸は回復し、本来の機能を発揮出来る状態に戻ります。

その間は体に備蓄されていたエネルギーが使われるので体重が落ちてくるのです。
元気いっぱいになった胃腸により、プチ断食前よりも代謝が良くなり、リバウンドしにくい体にもなるのです。


スポンサード リンク
プチ断食

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔