免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食材  >> 夏バテの原因は脳が錆びることにあった
真夏の太陽夏もいよいよ中盤ですが、食欲がない、だるいなど夏バテはしていませんか? 
実は最近、夏バテについて驚くべき新事実が発見されました。

脳が錆びることによって夏バテするということ・・・
 
ABC・テレビ朝日系の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で夏バテの新原因について放送されました。

大阪市立大学 大学院医学研究科 疲労医学教室教授 梶本修身先生によると、人の身体の中にある細胞も酸化することによって錆びるような現象が起きてしまうとのこと。

錆びるような現象が起きているのは、脳にある自律神経中枢という場所です。
夏の暑さの影響で自律神経中枢がダメージを受け細胞が酸化し、錆びたようにボロボロになっていきます。

その結果、倦怠感や食欲不振といった夏バテの症状が全身に現れるのです。
そこでオススメする「疲れを回復させる方法」は、イミダペプチドを豊富に含む食品を毎日摂取すること!

イミダペプチドとはタンパク質の一種で、疲労を回復させることが医学的に証明された物質です。

そして驚くことは、イミダペプチドには自律神経中枢の細胞を錆びさせない効果があります。 
 



鶏肉イミダペプチドは鶏胸肉などに多く含まれています。

大阪府内科医会の協力を得て実施した臨床試験では、鶏胸肉から抽出したイミダペプチド200mgを含有させた飲料(日本予防医薬株式会社製)の2週間の摂取で、
75%以上の方に明かな抗疲労効果が確認されました。

できれば鶏肉を食べるときは、モモ肉ではなくイミダペプチドを多く含む胸肉を食べてください。
その他、カツオやマグロなど広大な海域を泳ぎ回って暮らしている魚(回遊魚)にもイミダペプチドが多く含まれています。
いずれも、一回限りではなく毎日続けることがポイントです。
そして、できれば朝食など疲れる作業をする前にイミダペプチドを摂取することがコツです。

夏バテを感じている方は、ぜひ一週間、試してみてください。
きっと、夏バテ克服を実感できると思います!

スポンサード リンク
イミダペプチド 夏バテ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔