免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> カレーに含まれるクルクミンで風邪予防


クルクミンの持つ抗酸化作用が、免疫細胞のダメージを防いで免疫力の低下を予防したり、過剰な免疫作用を抑える力もあります。

低下した免疫作用は病気を招いてしまいますし、過剰な免疫作用はアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を起こす原因となります。

健康でいるためには、免疫力を適度に保つことが必要なのです。

カレーに使われるスパイスのターメリック(ウコン)に含まれるクルクミンは、免疫システムを強化するタンパク質を増やす働きがあることが、米国の研究結果から明らかになりました。

発表内容によれば、特に胃腸内で効果的に機能し、クルクミンによって、細菌やウイルスに対抗するためのタンパク質は約3倍程度に増加する作用があります。

カレーのクルクミン時々、カレーが無性に食べたくなることがありませんか。

フジテレビ系「ホンマでっか?」で、カレーが食べたくなると風邪を引く前兆という話をしていました。

風邪ウィルスが体内に入ってくると、無意識のうちに体が肝臓の働きを強化する「クルクミン」を求めるという。

カレーに含まれるクルクミンが、食べたくなるという本能の鍵を握っているというのです!

風邪の症状がまだ起こらない時でも、体の中では病原菌と免疫システムの攻防が始まっているのです。

風邪を引くのは、体が病原菌やウィルスに攻撃され、免疫システムがそれに負けた時です。

風邪をひいてしまったとしても、クルクミンが含まれたカレーを食べれば、長引かずに治癒すると言われています。

クルクミンはウコンに多く含まれるポリフェノールの一種で、肝臓の病気・アルツハイマー病・アルコールの大量摂取を原因とした病気などへの効能が期待されている栄養成分(ファイトケミカル)です。
 

▼関連記事▼

NHKためしてガッテン2012年9月26日(水)放映予定では

まさかコイツが原因!? アルツハイマー新予防
世界中で増え続けるアルツハイマー病。薬などで進行を遅らせることはできても、まだ根治治療にはいたっていない。
そんな中、驚きのアルツハイマー病予防の切り札がわかってきた!
実は、中年太りや運動不足などが、意外なメカニズムでアルツハイマー病の原因物質を増やすことが判明!
研究者によると、そのポイントはなんと「食習慣」だというのだ。
さらには認知症予備軍になってしまった人でも、「発症を予防できる方法」があった!
大分県のある町では、軽度認知障害(認知症予備軍)と診断された高齢者が、ある取り組みをしたおかげで、認知症に移行するどころか、脳機能が正常範囲にまで回復したというのだ。
その取り組みとは。40代でも始めないと!アルツハイマー病の新・予防法をお伝えする。
ゲストは渡辺えり、高橋ジョージ、山瀬まみ

 

ファイトケミカルで免疫力アップ
ファイトケミカルの代表的な作用としては、抗酸化作用・抗ガン作用・免疫力アップがあげられます。
今や食物繊維に続く「第7の栄養素」として生活習慣病やアンチエイジングなど多くの方々から注目されているファイトケミカル。

ウコン有用成分「クルクミン」と乳酸菌のWパワー!健康家族の美・ウコン


スポンサード リンク
クルクミン

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔