免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める生活  >> 脂質異常症は自覚症状がないので注意
脂質異常症脂質異常症というのは、血液中のコレステロールや中性脂肪が正常な濃度を超えている病気のことです。
自覚症状がないので、サイレント・ディジース(沈黙の病気)と言われています。

だから、自分では全然気づかないし、「脂質異常症です」といわれても、それが何を意味するのかピンとこない人が多いのです。

それで、そのまま放置してしまうと、増えた脂質がどんどん血管の内側にたまって、動脈硬化になってしまいます。

ところが、動脈硬化になっても、まだ自覚症状がありません。
ついには、心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こして、やっと脂質異常症の重大さに気づくというわけですね。



脂質異常症(高脂血症)の原因の多くは、生活習慣です。
高コレステロール血症や肥満や運動不足、動物性脂肪症は糖分やアルコールの過剰摂取などが原因となります。

血液中のLDL(悪玉コレステロール)が多過ぎると、酸化されたLDLが動脈壁に脂質沈着し、動脈硬化をおこし、脳梗塞や心筋梗塞の原因となります。

一方のHDL(善玉コレステロール)は動脈からLDLを回収して肝臓に連れ戻します。

中性脂肪は、食物に含まれる糖質から肝臓で合成され、皮下組織に貯蔵されてエネルギー源となります。
中性脂肪を消費しきれず供給過剰になると、血液によって全身に運ばれ、皮下や内臓に蓄積されます。
それによって心臓や肝臓機能が低下し、糖尿病や動脈硬化などの合併症を併発する恐れがあります。
中性脂肪が多いと、HDL(善玉コレステロール)が減ってLDL(悪玉コレステロール)が増えやすくなるのです。


▼関連記事▼
コレステロール治療の新常識!
コレステロールの善玉や悪玉とは?検査値はどう見る?食事・運動や肥満解消はどんな効果がある?
血管が老化し心筋梗塞のリスクが増す脂質異常症。治療の最新情報を伝える。 
あなたの疑問に答えます!
コレステロールや中性脂肪の疑問・相談に3人の専門家が徹底回答!
薬はのむべき?避けた方がいい食べ物は?
脂質異常症に悩むチャンカワイの食事改善体あたりリポートも! 

スポンサード リンク
脂質異常症

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔