免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> コーヒーが子宮体がん予防になる理由
女性では、コーヒーをよく飲む人ほど、子宮体がん、大腸がんの発生リスクも低い傾向が見られます。
多くの人に愛されてきたコーヒーが今、改めて注目を集めています。
 
コーヒーを飲む女性
国立がん研究センターでは、1990年以降男女約10万人にコーヒーを飲む頻度をグループ分けし、10年間にわたって大規模な追跡調査を行い、がんの発生率を比較しました。

コーヒーをよく飲む人ほど子宮体がんの発生リスクは低下

ほとんど飲まない人に比べ、「1日1~2杯飲む」人では約4割、「1日に3杯以上飲む」人では約6割、子宮体がんの発生リスクが低いことが示されました。
 
コーヒーをよく飲む人は、なぜ子宮体がん予防に有効か、まだはっきりとはわかっていません。

婦人科のがんで最も多いのは子宮がんです。
子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんに分けられます。

子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれるように、胎児を育てる子宮の内側にある子宮内膜から発生する病気です。
子宮体がんは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンによって増殖するタイプと、糖代謝にかかわる成分であるインスリンが大きく関与していると考えられています。

コーヒーはエストロゲンとインスリンの分泌に影響を与えて、子宮体がんのリスクを低下させるのではないかという説が有力な仮説です。
コーヒーを飲むと、腸管からの糖の吸収が抑えられ、インスリンの過剰分泌を抑えると考えられています。

また、コーヒーをよく飲んでいる人は糖尿病の発生リスクが低いことが別の研究結果で示されており、コーヒーがインスリン分泌に影響を与えていることは一致しています。

その他、子宮体がんのリスク要因として、高血圧、乳がん・大腸がんの家族歴との関連が言われています。



コーヒーの成分には、抗酸化作用を持つカフェインやクロロゲン酸、発がん物質に対抗する作用を持つヘテロサイクリックアミンなどの成分を含んでおり、こういったコーヒー独自の成分の効果であろうと考えられています。

ただし、コーヒーの飲みすぎは胃を荒らすこと、高血圧や脂質異常症をもたらすこと、膀胱がんの発生リスクを高めることなども、調査結果で示されています。
子供や妊婦さんは控えたほうが良いとも言われています。

このようにコーヒーには、リスク(危険)とベネフィット(利益)の両面がありますので、過不足なく美味しく飲むことが健康効果のポイントだと思います。

▼関連記事▼コーヒー
 
女性のためのコーヒー学NHKあさイチ2012年10月15日(月)放送内容
もう一杯飲みたくなる! 主婦のためのコーヒー学。
おうちや街の喫茶店で一息するときに欠かせない飲み物、コーヒー。
多くの人に愛されてきたその飲み物が今、改めて注目を集めています。
アンチエイジングで注目されるポリフェノールをたくさん含んでいたり、糖尿病や、大腸がん、動脈硬化の予防にもつながるという研究が次々と発表されているのです。
魅惑の効能はどこまで本当なのか?番組では、多角的に調査して、コーヒーの最新情報をお伝えします。
おいしいコーヒーのいれ方を教えてくれるトップバリスタも登場!味わい深いひとときをお楽しみ下さい。

 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔