免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> アルツハイマーは食べ物で予防できます
日本のアルツハイマー型認知症の患者は推定100万人と言われています。アルツハイマー

認知症は、65才以上の10人に1人は発症する、高齢者に多い病気ですが、最近は18歳~64歳の若年性認知症(アルツハイマー病)が増えています。

最近の若者は青魚(DHA)の摂取が少ない傾向にあり、老年になってからアルツハイマー病を発症する人が増える事がきがかりであります。


NHKためしてガッテンで「アルツハイマー型認知症の元凶は糖尿病と肥満」と伝えていました。

アルツハイマー型認知症の原因は、脳にアミロイドβという老廃物が貯まり、これが脳細胞を破壊するからと言わています。

これまで、どうやっても認知症になるのを防げなかったのですが、ところが、食べ物に注意すれば予防できると期待されていることがあります。
 
 
アルツハイマー病患者の赤血球は、健康な人の5~6倍の過酸化リン脂質が蓄積され、カロテノイドの濃度が低くなっていることが研究で明らかになっています。

老化した赤血球は、アルツハイマー病患者の血中に多く存在し、脳組織に慢性的な酸素不足をもたらして症状を悪化させると考えられています。

これに対し、健康な人の赤血球はカロテノイドの濃度が高く、過酸化リン脂質の濃度は低いという結果が得られたのです。

これにより、カロテノイドの補給により、アルツハイマー予防の可能性があると考えられています。

ほうれん草カロテノイドの中でも、特にルテインを含む食材にアルツハイマー予防に効果があると言われています。

ルテインを含む食材には、ほうれん草、トウモロコシ、グリンピース、ブロッコリーなどがあり、その中で特に「ほうれん草」がオススメです。

ほうれん草のルテインは脂溶性で油と一緒に摂ると吸収が高まるため、ほうれん草の炒め物がオススメ。
さらに、ルテインの酸化が抑えられるレモンの汁をかけると、ルテインの効果をより生かすことができます。


【関連情報】

TVで話題の「知的ケア」高純度「プラズマローゲン」サプリメント
もの忘れなど、認知症、アルツハイマーの不安にお悩みの方は、TVで特集され話題になった「プラズマローゲン」の摂取がオススメ!

NHKためしてガッテン
「アルツハイマー予防&包丁超切れ味ゲット術」が予定されています。
<番組内容抜粋>
高齢化社会を迎え、年々患者数が増えているこの病気の予防につながる食事法を、先日放送した。
今回は「具体的な方法をもっと知りたい」という要望にお答えして、アルツハイマー病の大きなリスク、糖尿病にならないための秘策を、3連発でご紹介。
簡単で、すぐできる、そして効果も大! アルツハイマーにならないために、今すぐにでも始めたい、保存版!
アルツハイマー予防については、前にメカニズムをたっぷり紹介したので、今回は実践編。
“アミロイドβ”と呼ばれる物質を脳にためないようにする、簡単&長続きの方法を3連発で紹介。




スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔