免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める生活  >> インフルエンザ対策には免疫力が大切です
インフルエンザ予防インフルエンザが主に冬に流行するのはなぜでしょう? 

冬の寒さと乾燥はウイルスを活発にさせるだけでなく、のどや鼻にある粘膜の抵抗力を弱め、ウイルスに侵入され感染しやすくなるのです。

マスクは、乾燥や冷気からのどや鼻の粘膜を守るのにも役立ちます。

インフルエンザが流行している時は、うがい、手洗い、マスク、人ごみを避けるなどの対策が基本です。

インフルエンザウイルスが流行しても、にかかる人とかからない人、症状が重くなる人と軽くすむ人がいますが、両者を分けるのが免疫力の違いといわれています。

ウイルスなどが侵入したとき、体の中ではこれを退治しようとする免疫機能が働きます。

インフルエンザにかからない人というのは、免疫力が強い人なのです。

私たちのカラダには、自分のカラダと同じものを「自己」、ウイルスや細菌、がん細胞などを「非自己」と認識します。

免疫力とは、「非自己」が侵入したときに自身を守るための生体防御システムのことです。

免疫は「疫(えき)から免(まぬが)れる」と書くように、免疫力が低下すると、ウイルスや細菌に感染しやすくなってしまいます。


免疫力を高めるには、規則正しい生活をして、質の良い睡眠を十分にとること、バランスのよい食事もとても大切です。

r-1ヨーグルト中でも、簡単で効果的な方法として大注目されているのが、ヨーグルトなどの乳酸菌食品でしょう。

体の外から体内に入ってきたウイルスや病原菌を迎え撃つ、最大の免疫細胞の6~7割が腸に存在します。

良い腸内環境を保つことこそ、免疫力を高める重要なポイントです。

ヨーグルトなどの乳製品が苦手な人は、納豆や味噌、ぬか漬けやキムチなどの発酵食品にも乳酸菌は豊富に含まれています。


インフルエンザは、生涯に一度かかれば二度とかからない、というものではありません。

インフルエンザは大きく「A型」「B型」「C型」に分けられます。

ある種のウィルスが体内に入った場合、免疫システムがこのウィルスを退治するとともに、その種類に応じた「抗体」を作ることで、2度目の感染では発症しません。

しかし、同じ型のウィルスでも、遺伝子レベルで表面の突起形状を微妙に変化させることで、抗体をうまくすり抜けます。

そのため、同じ型のインフルエンザに何度もかかったりするのです。


寒い季節を元気で乗り切るために、普段から規則正しい生活をして、質の良い睡眠を十分にとり、腸内環境を整える食品をしっかり食べることがとても大切です。

スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔