免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> 焼きバナナの抗酸化作用で免疫力アップ
バナナは焼いて食べると免疫力を高める効果がさらにアップします。焼きバナナ
バナナには食物繊維とかオリゴ糖が含まれ、焼く事で非常に効率良く摂る事が出来ます。
オリゴ糖は腸の働きを活発にし、腸内細菌のビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり腸内の善玉菌を増やして腸内環境がよくなるのです。(腸内フローラ)

焼きバナナの効果

 
バナナは焼くことでオリゴ糖の分子が細かくなり、多くの善玉菌のエサになって普通に食べるよりも善玉菌を増やすことができ蠕動運動がさらに活発になります。
日本では昔から果物を焼いて食べる健康法があり、ミカンやリンゴも皮のまま焼いて食べていました。


腸内環境がよくなるので便秘も解消でき、栄養吸収もよくなることで美肌効果も高まるのです。
見た目は多少悪くても、よく熟したバナナの方が免疫力を高める効果が大きいことが、帝京大薬学部の山崎正利教授らの実験で判明しました。


バナナは身近にある食べ物の中で最も抗酸化作用が高い食品です。

抗酸化作用のある食べ物を効果の高い順に並べた「抗酸化ピラミッド」という図(東北大学の研究)によると、バナナはその頂点に立ち、最も抗酸化力のある免疫力を高める食べ物なのです。

焼きバナナの抗酸化作用


人間が呼吸をすると、体内に「活性酸素」ができます。
活性酸素は、外部から入ったウイルス・細菌を殺してくれる良い一面もあるのですが、体内の細胞にアタックし、風邪など感染症を悪化させる要因になったり、ガン、動脈硬化、心臓病、高血圧、脳卒中などあらゆる病気を引き起こす原因といわれています。
活性酸素は、外的ストレスやタバコなどでも増えてしまいます。
免疫力を高めるには抗酸化物質を積極的に摂り体内の活性酸素を少なくすることが大切です。バナナの免疫力

焼きバナナの作り方


・バナナの皮ごと電子レンジに入れ1分程度加熱します。
・バナナをひっくり返し再び1分程度加熱します。
・バナナの皮が程良く黒くなれば出来上がりです。

実が軟らかくなるので、皮を半分だけ開いてスプーンで食べるといいでしょう。
焼きたてが一番美味しいので熱々のうちに食べてしまいましょう。
焼きバナナを作るときに加熱しすぎると中身が飛び出すことがあるので注意してください。
健康維持には焼きバナナは1日1本でOKです。
バナナの糖分は低く、他の食べ物の糖質に比べ血糖値が上りにくいので、糖尿病の人のおやつに!

 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔