免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食材  >> アミノ酸BCAAで免疫力を高めよう
インフルエンザ予防今年も猛威をふるうインフルエンザに対する警戒が強まっています。
インフルエンザ予防には、まずは健康な体づくりが基本です。

うがい、手洗いはもちろん、マスクをつけたり、インフルエンザ予防接種で感染に備えている人も多いでしょう。

インフルエンザ予防には免疫力を高めることです。

味の素が主催するセミナー「風邪・インフルエンザのリスクを高める『現代型免疫低下』を防ぐ」が行なわれました。
現代人の免疫力対策で注目すべきは「アミノ酸」で、免疫機能低下を抑制し、早期体調回復効果があることを発見しました。

スポンサーリンク



体をつくるために必要なアミノ酸は20種類あり、中でも必須アミノ酸と呼ばれる9種類は体内でつくり出すことができないため、毎日の食べ物から取り入れる必要があります。

免疫力アップに食べ物からアミノ酸BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を取ることで免疫力を高めます。
卵にはビタミン、ミネラルはもちろんアミノ酸(BCAA)が含まれ栄養バランスの良い食べ物です。

免疫の細胞は血液の中にあるグルタミン酸というアミノ酸を使います。
また風邪を引いたり、インフルエンザにかかるとグルタミン酸が大量に消費されます。

減ったグルタミン酸を補充するのがアミノ酸(BCAA)からも作られるのです。
卵に次いで吸収の良いのは乳酸菌ヨーグルトや、今の季節にピッタリの牡蠣です。

食生活が乱れがちな方は、足りないアミノ酸をサプリメントで補うのも効果的です。
 
バランスの取れたアミノ酸の摂取は、健康を保つうえで不可欠なのです。
ライフスタイルに合わせて、上手にアミノ酸を摂取しましょう。



スポンサーリンク



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔