免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食材  >> にんじんは油と一緒に摂ることが大切です
にんじん免疫力アップの野菜といえば何といっても「にんじん」です。

緑黄色野菜の王様と呼ばれ、あらゆる年代の悩みに応えてくれる栄養が豊富な野菜です。

にんじんに豊富に含まれるカロテンは、抵抗力や免疫力を高める効果があるといわれています。

又、皮膚や粘膜を強くし、目や肌の健康維持、心臓病、動脈硬化や生活習慣病などに効果があります。



カロテンは、にんじんの皮の下に多く含まれています。

調理する時には、できるだけ皮をむかないようにすると、たっぷりとカロテンを摂取することができます。
スーパーには綺麗にきれいに洗われた状態で出荷されているので、調理する前に軽く洗う程度で充分です。
しかし、生のにんじんには、ビタミンCを壊してしまうアスコルビナーゼという酵素が含まれているので注意が必要です。

アスコルビナーゼは熱に弱いので、炒めたり熱を加えたりすることで酵素の働きを抑えることができます。
私がオススメするにんじんの調理法は、ごま油かオリーブ油で炒めることです。

熱を加えることでビタミンCの破壊も防げる上に、にんじんの栄養は油と一緒に摂ることによって体への吸収率がもっとアップするのです。

又、アスコルビナーゼは酸に弱いので、酢やレモン汁などを使ったりすることで酵素の働きを抑えることができます。
それを防ぐためには[酸]を併用することが効果的なので、生にんじんには酢やレモン汁を一緒に使うことをオススメします。

にんじんは、どんなお料理にも使えてアレンジもきく万能野菜です。

根菜は体を暖めてくれるので、寒い季節にもとても嬉しい野菜です。
 

▼関連するこんな情報もあります▼
 
田七人参の働きで免疫力アップ
血液のドロドロは、ストレス、運動不足、肉食中心の食生活から、いとも簡単に発生し、
成人病を引き起こす原因になります。


スポンサード リンク
にんじん 人参

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔