免疫力を高める日常生活の体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> 納豆は夕食に食べたほうが血液サラサラ
納豆は夕食に食べる方が最も効果的です。
納豆を夕食にオススメする訳は、血栓ができやすいのが明け方に発症することが多いためです。

納豆には夜作られる血栓を予防する作用があるので、朝よりも夕食のほうがオススメなのです。
この血液が固まりやすい時間帯にうまく作用してくれるためには、夕食に納豆を食べることが最も効果的だと言うことです。
風邪予防に納豆納豆1パック(約50g)を食べると、2時間後くらいから血栓が解け始めます。
長い人では、その効果が8時間~12時間つづきます。

なので、夕食に納豆を食べるとその効果が朝まで続くわけです。
納豆の酵素、ナットウキナーゼが心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす血栓を直接的に予防してくれます。

スポンサーリンク



納豆は、日本では昔から食されてきた栄養価の高い食品です。
納豆のネバネバには、ナットウキナーゼという納豆特有の酵素があります。

ナットウキナーゼは、血栓を溶かし、血液サラサラにしてくれる血栓溶解作用があります。
血液サラサラになると、心筋梗塞や脳梗塞、痴呆症などの予防になります。

科学的にも、納豆の効果は実証されており、医療の現場でも活用されています。
病院でも納豆を食事に出すところが増えてきているそうです。

最近は欧米でも、納豆の健康効果が注目されています。
興味深い研究では、月曜日の朝が最も心筋梗塞が起こりやすい、ということなので、納豆が苦手な人でも、日曜日の夕食には納豆を食べるようにするといいでしょう。

これだけで、心筋梗塞や脳梗塞など、かなりの生活習慣病予防になりますので、ぜひ納豆を続けてお試し下さいね。
食品から摂取する大豆イソフラボンの上限値は1日あたり70~75mgとされています。
納豆には100gあたり73.5mgの大豆イソフラボンが含まれています。

通常の食生活を送っていれば問題ありませんが、大豆イソフラボンを含むサプリメントや大豆イソフラボンを多く含む食品を摂取する場合には、納豆の過剰摂取に気をつけましょう。
納豆の健康効果はよく知られていますが、ダイエット効果や美容効果も高く、納豆はダイエットに欠かせない食品とも言えるでしょう。


▼納豆に関連するこんな情報もあります▼

日本の伝統食である納豆には、さまざまな成分が含まれ、多くの健康効果があることはよく知られています。
特に、寒い季節は、風邪やインフルエンザ予防に納豆をおすすめします。

スポンサーリンク


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔