免疫力を高める日常生活の体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> コーヒーには糖尿病の予防に効果あり
現代病として恐れられる糖尿病の患者数は年々増えていますが、コーヒーは糖尿病予防に効果があると言われています。玄米コーヒー

「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」テレビ朝日系の放送では、“コーヒーには糖尿病の予防に効果がある”と紹介されていました。 

6つの診療科の名医が認める医食同源、太鼓判を押した食品がコーヒー!

昔から“医食同源”と言われ、食事に注意することが病気を予防する最善の策と思います。 

コーヒーに健康効果ありと答えてくれた名医の中から小田原雅人先生(東京医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科教授)に話を伺うと、コーヒーには糖尿病予防に効果があるという。

2005年にハーバード大が発表した研究結果により、1日にコーヒーを一定以上飲む人は全く飲まない人に比べ、糖尿病になる確率が女性で30%、男性で50%少ないという事実が明らかになったのです。

さらに世界中で発表された400編以上の医学論文でもコーヒーは糖尿病を予防するという結論が導かれていました。


糖尿病を予防する効果をもたらしているのは、コーヒーの種に多く含まれる『クロロゲン酸』というポリフェノールの一種の成分です。

クロロゲン酸が血液中の糖分を分解するインスリンの働きを活性化します。

それによって血液中の糖分が分解され、血糖値が下がると考えられています。

コーヒーを飲む女性ならば日本で一番コーヒーを飲んでいるであろう人は血糖値も低いに違いない。

日本でコーヒーと言えばネスレ社員を検査した結果、30代~50代の社員で血糖値に異常のある人は何と一人もいなかったのです。

ネスレ日本の皆さんは、社内では無料で飲めることもあり、毎日6~7杯のコーヒーからクロロゲン酸を摂取していたのです。

自然に血糖値を抑えている可能性があるいうことになります。

“1日飲んでも2~3杯まで”というのが今までの常識でしたが、コーヒーに中毒性はないので、1日6~7杯までなら大丈夫と言われています。
むしろ、糖尿病予防のためなら1日6~7杯は飲むことがポイントで、飲み続けることで効果が得られます。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸を効率的に摂取するには、ご飯を食べる前など、食事に合わせて飲むと良いとのことです。


昔からコーヒーは体に良くないと言われていましたが、なぜ「コーヒーの飲みすぎは体に悪い」と言われていたのでしょうか。
その根拠はコーヒーを飲む人はタバコを吸う人が多いため、タバコの悪影響ということが最近の調査結果です。

コーヒーと危険な組み合わせのタバコは、胃がんや心筋梗塞になると言われてきたのは、コーヒーを飲む人はタバコを吸う方が多く、コーヒーが悪いのではなく、タバコが原因だったのです。

コーヒーを飲み、タバコを吸う人は死亡率が上昇し、コーヒーのみの人は死亡率が減少するのです。
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔