免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める生活  >> 扁桃炎は免疫力が低下しているサイン
扁桃炎(扁桃腺炎)は、免疫力が低下していると起こりやすくなります。

風邪ウイルスなどに感染したり、免疫力が低下していると、空気中に浮遊する細菌やウイルスとの戦いに負け、扁桃腺の常在菌が増殖するので扁桃炎を起こします。

喉の痛みウイルスというのは「インフルエンザ菌」「肺炎球菌」「黄色ブドウ球菌」「溶血性連鎖球菌」などの常在菌で、風邪・疲労・のどの乾燥が引き金になって増殖します。

扁桃腺は、外からの細菌やウイルスなどの異物を侵入させずに、撃退する働きを持っています。

免疫力が高ければ、扁桃腺の常在菌が悪さをしないように抑えてくれて、そもそも病気になりづらいのです。
 
癌(がん)も免疫力で予防しているのです。
 



扁桃腺は、喉の奥にあるリンパ組織で、一般的に言われているのは、のどちんこの両脇にある「口蓋扁桃」のことです。
一般的に扁桃炎と言うと「急性扁桃炎」のことです。

扁桃腺が赤く腫れ、表面に膿がついた状態で、高熱、喉の痛み、全身のだるさ、関節痛がでます。
 
★原因は風邪・疲労・のどの乾燥・暴飲暴食・過度の喫煙・ストレスなどが考えられます。

急性扁桃炎が長引きますと慢性扁桃炎になり、肺炎など重度な病気も引き起こしてしまいます。

扁桃炎の治療方法としては、他の風邪と違ってペニシリン系の抗生物質で治す方法です。
また喉の消毒、鎮痛解熱剤を使用したり、症状によっては漢方による治療も選択されます。 

風邪年に何度も扁桃炎を起こし高熱を繰り返したり、発熱の度に血尿などがみられ腎炎などが心配される場合などは手術適応となります。 

軽快することが多い扁桃炎ですが、大事をとって耳鼻科など病院を受診することをおすすめします。

扁桃炎が起きやすくなるのは、免疫が低下しているサインの一つです。 

何はともあれ、免疫力アップが大切です。


▼免疫力を高める方法についての関連情報▼

テレビ放映で最近注目されている「R-1乳酸菌を使用したヨーグルト」は、NK細胞を活性化して免疫力をアップさせるそうです。
実際、この活性化されたNK細胞が、ガン細胞を破壊した映像も流れました。

スポンサード リンク
扁桃炎

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by as   2014年06月18日 10:35
5 私の場合8年間患った扁桃炎がファンギゾンシロップで治りましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔