免疫力を高める生活習慣サイトトップ >免疫力を高める生活  >> 花粉症対策に効果的なマスクの使い方
花粉症花粉症は日本の国民病といわれるほど多くの人が苦しめられています。
目のかゆみや鼻づまりなどで仕事に支障が出ることもある不快な花粉症。

花粉症予防と花粉症対策としてマスクは必需品です。

NHKためしてガッテンでは「花粉症マスク術&激やせ床ずれを招く謎の病」が放映されていました。

市販のマスクを使っての実験で、花粉粒子を8割以上はカットできることが確かめられました。
これは花粉粒子の直径はウイルス粒子の100倍以上と十分に大きいことが理由だと考えられます。

しかし、花粉症の人に聞いてみると、マスクだけでは花粉症を防げている実感が無く、特にひどい日には全く効かないとのご指摘があります。

そこで、専門家に取材してみると、実は花粉症を引きおこすアレルギー原因物質は花粉粒子だけではなかったのです。

花粉粒子が水分を吸って割れて出た破片も含まれていることが分かってきたとのこと。

つまり、雨の日の翌日などは花粉粒子に加えて、ウイルス粒子サイズの小さな花粉の破片が大量に飛んでいたのです。

この小さな破片にはウイルスサイズのものもあるため、ゆるいマスクでは防ぐことが難しいのです。
花粉症を防ぐ効果的なマスクの使い方としては、「雨の後は ぴったりフィット」がお勧めです。

特に道路際の側溝が乾き始めたころは要注意です。



現代病でもある花粉症は、体質や生活環境にも影響があります。

★NPO法人「花粉情報協会」事務局長の佐橋紀男氏は「まずは普段の生活習慣を見直すこと」と話しています。
お酒やタバコ、暴飲暴食は度を越すと体の免疫力が低下し、風邪やインフルエンザなど体調を悪くします。
免疫力が低下すると、目や鼻の粘膜が腫れて花粉が付着しやすくなってしまいます。

★日本医科大学で耳鼻咽喉科教授の大久保公裕氏は「食事や食べ物にも予防効果を期待できるものがある」と言われます。
お茶や野菜に含まれるポリフェノールには抗酸化作用で炎症を抑える作用があります。
ヨーグルトの乳酸菌は腸内環境を改善して免疫機能を高める働きがあるので、一定の効果があると考えられています。

子供に急増する花粉症の原因はドライノーズと言われています。 


花粉症予防と花粉症対策には栄養や休養、そして適度な運動を心がけるようにして規則正しい生活をしましよう。


▼アロマで鼻すっきり関連にこんな情報もあります▼
(公式サイト)
季節の変わり目に、爽快感を得たい時におすすめ
ユーカリやペパーミント、ティートリーなど爽快な香りをブレンドしたアロマ商品です。
季節の変わり目、爽快感を得たい時におすすめ。
着色料、保存料、合成香料やタール系色素は一切不使用。
 

スポンサード リンク
花粉症

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔