免疫力を高める生活体験談サイトトップ >免疫力を高める食べ物  >> ごぼうの食物繊維イヌリンが免疫力を強化
ごぼうは免疫力を高める作用がある事から、薬膳として使われることも多い食品です。
ごぼうに豊富に含まれる食物繊維にはイヌリンという多糖類が含まれています。

このイヌリンは腎機能を高め利尿作用や、肝臓の機能を活発にし、免疫力を高める働きがあります。

ごぼう茶ごぼうの栄養や風味は表皮部分に多いので、皮をむくのではなく包丁の背で軽くこそげる程度にしましょう。

煮るときは、すりこ木などで軽く叩いて繊維を壊しておくと味がしみこみやすくオススメです。

ごぼうは食物繊維やオリゴ糖などが豊富ですが、たくさん食べるとお腹が張るということもあります。

そんなときに、甘みと香ばしい香りが特徴の健康茶「ごぼう茶」が役立ちそうです。
 

ごぼう茶の健康効果


ごぼう茶とは生のごぼうを薄く切って乾燥後、焙煎して煮出したもの。
煎じ薬のようで、中国では昔から解熱・解毒・セキを鎮める薬として使われています。

ごぼう茶には水溶性食物繊維やオリゴ糖が溶け出し、ウーロン茶や杜仲茶に匹敵するほどポリフェノールが多く、腸の免疫力を高めるなどの研究成果も報告されています。

温かいごぼう茶を飲むことで、身体を芯から温め、免疫力を高めてくれるという効果を期待できます。

ナグモクリニック南雲吉則先生は、『ごぼう茶の若返り効果』として書籍やテレビ出演で有名です。

水溶性食物繊維を多く含む食品には、アカモク、ぎばさ、ナガモなども知られています。


▼ごぼう茶の関連記事▼
 
(公式サイト)
伝統爽快ごぼうなた豆茶
辛いズルズルや口内のネバネバに朗報!!伝統爽快ごぼうなた豆茶!!
健康食材として親しまれる「なた豆」ですが、特に昔から口内の悩みに愛用されてきました。
古くから愛用され続けてきた秘密は最近の研究により発見されたなた豆特有のアミノ酸「カナバニン」にあるのではないかと注目が集まっています。
さらに今人気のごぼう茶を独自のバランスで配合。
暑い季節には冷やして、寒い季節には急須に入れて♪


 
スポンサーリンク


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔